MENU

HONDA

検索

販売終了しました

多彩なエネルギーで、豊かな未来をデザインする。 パワーマネージャー V2H対応DC普通充電器 Power Manager

多彩なエネルギーの最適マネジメントで、低炭素で持続可能な社会を拓く。

太陽光発電などの再生可能エネルギーを最大限利用しながら、コージェネレーションシステム、電気自動車のバッテリーに蓄えたエネルギーなど、多彩なエネルギーを、オフィスや公共施設、暮らしのエネルギー消費パターンにあわせて最適にミックス。Power Managerは、 環境に優しく、快適な暮らしをサポートし、持続可能な未来をデザインします。

低炭素で快適な生活をサポートする先進のHondaテクノロジー

太陽光発電を最大限利用

太陽光で発電した電力は、最大5.5kWまで使用可能です。

自動で電力を供給する切替スイッチ

停電時には、自動的に自立運転モードに切り替わり、太陽光発電や電気自動車などからの電力を供給します。お客様ご自身での切り替え操作の必要はありません。

安定したエネルギーを供給

電気を利用する時間帯や天候によって、常に最適なエネルギーを自動で選択。ムダの無い安定したエネルギーを供給します。

設置しやすい壁掛けタイプ

商用トランス(変圧器)を使わず高周波絶縁方式を採用することで小型軽量化を実現。柱上式ではなく壁面に設置できるので、駐車スペースを有効に使えます。

左右両側に取り付け可能な
充放電コネクタ

電気自動車に接続する充放電コネクタは、充放電BOXの左右どちら側にも取り付け可能。取り付け場所を選びません。

200Vも使える単相3線式

単相3線式の採用で、停電時でも100Vだけでなく200Vの電源も使用可能です。

約40dB(A)の静音設計

運転音を抑え、
静かな図書館並みの静音化を実現しました。

国際標準のCHAdeMO規格を採用

電気自動車用急速充電規格の国際標準であるCHAdeMOを採用。クルマとの通信により搭載電池の状態に応じて最適な直流電流を供給して充放電します。

国際標準のECHONET Lite™を採用

日本国内でのHEMS標準プロトコルの採用によりECHONET Lite™に対応した機器の操作ができます。

国際標準のIEC 62909-1に対応

EVや太陽光発電、ホームバッテリーなどの分散化電源用の入力ポートを2つ以上持つ、双方向系統連系 電力変換装置の一般要求事項である機能・安全性等を定めた国際標準に対応。

太陽光発電とクリーンエアビークルの活用で、エネルギーをミニマム化する。

※ 電気事業連合会調べによる、一般家庭における一日の平均消費電力量から換算した場合。但し、お客様の使用環境により給電時間は異なります。

多彩なエネルギーを一台で
コントロールし、
最適にマネジメント

太陽光や風力などの再生可能エネルギーや、電気自動車、ガス燃料で発電・給湯するコージェネレーションシステム、ガソリン発電機などが供給する電力を、Power Managerがコントロールし、最適にマネジメント。オフィスや公共施設、毎日の暮らしに、低炭素で経済的な電力を安定して届けます。

電気自動車や燃料電池自動車*からの
電力を
オフィスや暮らしのコンセントに

電気自動車への充電はもちろん、電気自動車のバッテリーに蓄えた電力や、燃料電池自動車が発電する電力を、オフィスや暮らしのエネルギーとして利用することも可能です。太陽光発電の未利用電力や電力料金の安い夜間に充電した電力を、電力消費のピーク時に使用することで、電気料金を節約し、CO2排出を抑え、さらにエネルギー使用のピークシフトにも貢献します。
*燃料電池自動車からの電力の供給は、停電時のみ可能です。

暮らしのなかで、エネルギーをつくり、
エネルギーをつかう

暮らしのエネルギー消費パターンに合わせて、昼間は太陽光エネルギーを最大限利用し、朝夕は給湯機能をもつコージェネレーションシステムを稼働。さらに電気自動車の有効活用など、エネルギーを賢く組み合わせて使うことで、暮らしで消費するエネルギーを暮らしで作る、エネルギーの家産家消を実現することも可能です。

Power Managerは、太陽光発電の出力を直接コントロールするので、無駄なく家庭用電源に変換することができます。

Power ManagerはVPPを通し、豊かで持続可能な低炭素社会を切り拓く

Power Managerは、電気を双方向に融通するVPPのアイテムのひとつです。
近い将来、地域に点在するPower Managerをネットワークでむすび、
地域のエネルギー需給をコントロールすることが可能になれば、大規模な発電所に頼ることなく、
エネルギーの地産地消が実現します。
また、エネルギー供給施設の分散化は災害時の被害を最小化し、復旧を早めます。

VPP:バーチャル・パワー・プラント(仮想発電所)。エネルギーマネジメント技術により、
地域に散在する再生可能エネルギー発電設備や蓄電池等のエネルギー設備をネットワークで繋ぎ、
あたかも一つの発電所(仮想発電所)のように機能させること。

主要諸元

電源部
名称 V2H対応 DC普通充電器
型式 UEAJ
定格電圧 / 周波数 AC200V(単相3線式)、50Hz/60Hz
外部交流入力端子
(停電時)
※1
太陽光発電容量 定格5.5kW
保護機能 漏電遮断機能、雷サージ保護
電源部重量 約80kg
外形寸法 W900 × H600 × D300(mm)
環境条件 -15℃~40℃
防塵防水 JlS C 0920 lP44相当
設置場所(方法) 屋外(壁掛け式)
外部通信機能
  • 通信インターフェース : Ethernet
  • 通信プロトコル : ECHONET LiteTM
対応規格 IEC 62909-1
充放電部
充放電方式 DC充電 /
電動自動車用充放電システムガイドライン
V2H DC版2.1版(カテゴリ3)に準拠※2
定格出力 5.5kW
充電部重量 約14kg
外形寸法 W190 × H600 × D200(mm)
充電ケーブル長 CHAdeMO仕様 約4m
機能 運転、停止ボタン、運転モード切替スイッチ、
エラーランプ、非常停止ボタン、
鍵施錠付きコネクタホルダ、EVPS用電源端子
切替器
外形寸法 W590 × H320 × D110(mm)
切替器重量 約7kg
停電対応 ※3(自動切替)
  • ※1 最大1kW/100V 家庭用コージェネレーションシステム、発電機接続可※4
  • ※2 V2Hガイドラインのバージョンが異なる車両では、一部の機能が使えない場合があります。 ※3 自動切替単相三線100V、200V 最大4kVAに対応 ※4 接続機器による。

Honda Smart Communityについて
興味のある
企業の方、自治体の方からの
ご連絡をお待ちしております。

メールで問い合わせる
トップへ戻る
facebookでシェア twitterでツイート