MENU

HONDA

検索

クルマにつなぐ、暮らしの便利と安心につながる。Power Exporter 9000 V2L対応 可搬型外部給電器

特徴

最大出力9kVA*

電動車両から、最大9kVA(平均的な一般家庭で消費する電力の約3倍**)の電力を出力することができるので、災害時の避難所や防災拠点、小規模のオフィスや店舗の非常用電源として活用することができます。

*100V定格出力は9.0kVA、200V定格出力は6.0kVA、合計定格出力は9.0kVAとなります。ただし、供給できる電力の出力・容量は接続するクルマにより異なります。

**平均的な一般家庭の電気契約「従量電灯B・30A契約(東京電力調べ)」より試算

単相3線式100/200V同時出力可能

100V×6、200V×1合わせて7つのコンセントを備え、同時に出力することも可能です。スマートフォンから、一般の電気機器はもちろん、200V出力でオフィス用エアコンや店舗用冷凍庫など幅広い機器に対応します。

高品質な電力を供給

Hondaが、ポータブル発電機の開発で長年培った独創のインバーター技術を用い、家庭用コンセント並みの高品質な電力を供給します。パソコンなどの精密機器も安心して使用できます。

排出ガスゼロ*静かでクリーン

排出ガスもなく静かなので、周囲への配慮や環境負荷を気にすることなく使用できます。

*燃料電池自動車接続時、密閉された空間では酸素を消費するため、十分な換気が必要です。また、車両から水が排出されることがあります。尚、プラグインハイブリッド車接続時はエンジンが始動することがあります。接続前に車両および外部電源器の取扱説明書をご確認ください。

その他の特徴

ラクラク簡単操作

給電コネクターを電動車両に接続し、スイッチを押すだけのカンタン操作で電気機器が使えます。
※詳細は取扱説明書を参照してください。

①給電コネクターを差す

②電源スイッチON→スタート
スイッチON

③コンセントプラグを差して、
電気機器を使う

優れた可搬性

車載可能なサイズで、クルマのトランクに載せてどこにでも運ぶことが可能です。小さな段差もバランスよくスムーズに乗り越える大型車輪とハンドルのほか、積み降ろしがラクな大型グリップも備えています。

さまざまな電動車両に接続可能

V2L*の外部給電機能を備えるクルマなら、メーカー・車種にかかわらず電力を取り出すことができる高い汎用性を有しています。

*電動自動車用充放電システムガイドライン V2L DC版(電気安全および車両と接続機器の互換性を確保するために作成された規格)

接続車両について(各自動車メーカーホームページ・カタログより引用) 掲載のない電動車両についてはお問い合わせください。

メーカー 接続確認済みの車種※1(2019年2月現在) 搭載電池容量
Honda クラリティ FUEL CELL 約70kWh相当 ※2
クラリティ PHEV(最大供給電力3kW) 17kWh
トヨタ自動車 MIRAI 約60kWh相当
日産自動車 LEAF ※3※4 40kWh
LEAF e+※3 62kWh
e-NV200 ※3 40kWh
三菱自動車工業 OUTLANDER PHEV※3 13.8kWh
i-MiEV(軽自動車を除く登録車のみ)※3 16kWh

※1 事前に接続車両のホームページ及び取扱説明書をご確認ください。なお、接続する車両によっては、出力制限や使用条件により給電が停止する場合があります。

※2 一般家庭のおよそ7日分の電力量(電気自動車連合会調べによる一般家庭における一日の平均消費電力量から換算した場合。ただし、お客様の使用環境により給電時間は異なります)から換算した値。

※3 接続時に同梱のDCケーブル(12Vアクセサリーソケット用接続ケーブル)をご利用ください。尚、本機起動中はエラーモードに入ることを避けるためケーブルを抜かないでください。

※4 車台番号が[ZE0-]で始まる車両および車台番号が「AZE0-05001~053467」の車両は、車両側のプログラムの変更が必要となる場合があります。給電対応の可否について、事前に日産自動車販売店にご確認ください。

大型電気製品から
パソコンなどの
精密機器まで動かせる!

  • オフィスでオフィスで
  • 店舗で店舗で
  • 防災拠点で防災拠点で
  • 自宅で自宅で

本製品に関するお問い合わせ、
ご相談は下記まで。

Honda Smart Communityについて
興味のある
企業の方、自治体の方からの
ご連絡をお待ちしております。

メールで問い合わせる
トップへ戻る