MENU

HONDA

検索
INDEXへ戻る
すてきな歩行者を めざしましょう
加齢による視野・視力への影響
高齢者の中には、うつむき加減で歩いている方が見られます。理由の1つは、体を支える腹筋や背筋が衰えて、背筋を伸ばして歩けなくなっているからです。視線が足元になると、視野も狭くなり、安全確認に遅れが生じることもあります。
高齢者の交通事故防止には、体力や運動能力の保持が大きく関係してきます。歩き方に少し気を配るだけでも、体力の維持が期待できます。背筋をピンと伸ばし、元気に歩くすてきな歩行者をめざしましょう。
動体視力と年齢
 
 
夜間の外出時には
夜間の外出時には、黒や茶などの目立ちにくい色の服ではなく、白や黄色など目立つ色の服で外出しましょう。
反射材を活用しましょう。反射材を靴の裏やかかとなどに貼ると効果的です。反射材をつけている人はドライバーから約120m離れていても見えるという実験結果(※1)もあります。
なるべく明るいところを選んで歩きましょう。また、道路を横断するときもドライバーからよく見える明るい場所で渡りましょう。
電動車いす活用の際には
電動車いすとは…
道路交通法では歩行者としてみなされるため、運転免許は不要です。
 
操作は簡単。気軽に乗ることができます。
電動車いすは歩行者として扱われますので、歩道がある道路では、歩道を走行し、安全運転を心がけましょう。歩道のない道路では、右側通行が原則です。
万が一のときは、あわてて操作を間違えてしまいがち。
止まり方など、基本の操作手順は繰り返し練習しておきましょう。
斜め横断をすると、横断する距離が長くなり、渡りきるまでに時間がかかります。横断の際は、安全を確認してから直角に渡るようにしましょう。
   
  指導者向けコンテンツ 4.イラストクイズ
  もっと詳しく知りたい方はこちら
前のページへ 次のページへ
ダウンロードする 詳しくはこちら 詳しくはこちら