MENU

HONDA

検索
お子さまを身近な交通事故から守るために伝えたい3つのやくそく

交通事故のデータを見ると自宅から500m以内、つまり、自宅の近くの道路で
死傷事故が多く発生
していることがわかります。なかでも、歩行中の死傷者数は7歳児が突出しています。
身近で起こる悲しい交通事故からお子さまを守りたい。そのために、親御さんからお子さまへ
伝えていただきたい「大切な約束」をさまざまな事故事例から学び、まとめてみました。

平成27年 年齢別 歩行中の交通事故 死傷者数 幼児・小中学生の自宅からの距離別死傷者数
  • 1つめのやくそく

    歩いていて、急に道路の
    まんなかへ飛び出さない。
    公園や建物から外に出るときは
    いったん止まろう。

  • 2つめのやくそく

    交差点を渡る前に
    信号をちゃんと見ること。
    渡る前に「青の点めつ」を見たら止まろう。

  • 3つめのやくそく

    左右がよく見えない
    交差点では
    止まって、よく見て、クルマやバイクが来ていなかったら渡ろう。

1つめのやくそく

歩いていて、急に道路の
まんなかへ飛び出さない。
公園や建物から外に出るときは
いったん止まろう。

12歳以下の
歩行者事故の原因で
一番多いのが「飛び出し」

道路の反対側に友だちがいたり、興味を引くようなものがあると、子どもは夢中になってかけ出してしまうことがあります。
また、校門や公園、家やお店から外に出るときも、思わず飛び出してしまうことがあります。特に5〜8歳の男の子3人に1人は道路を走って渡っているというデータもあり、飛び出しにつながる可能性が高いといえます。
12歳以下の歩行者事故の原因で一番多いのが「飛び出し」です。

お子さまとご一緒に

クルマは急に止まれないこと

急に飛び出したらぶつかってしまうこと

を、左のイラストを見せながら理解させてください。そして、お子さまの手を引いて実際に近くの道を歩きながら、飛び出したらクルマとぶつかること、このような場所ではきちんと止まることを一緒に確認してあげましょう。

みんな!どうろを歩くときのやくそくだョ ぜったい急にかけ出したり飛び出しちゃダメニャ! PDF ダウンロード
KYT 道路のキケン、発見! 動画クイズで学べる 危険予測トレーニング( KYT)はこちら
2つめのやくそく

交差点を渡る前に
信号をちゃんと見ること。
渡る前に「青の点めつ」を
見たら止まろう。

12歳以下の
歩行者事故の原因で
2番めに多いのが「信号無視」

子どもは、お友だちと歩いているときなどに、信号を見ずに交差点を渡ったり、交通量の少ない時に、信号を無視してしまうこともあります。 また、歩行者用信号が青の点滅になっていると急いでわたってしまうことも…。
12歳以下の歩行者事故の原因で2番めに多いのが「信号無視」です。

お子さまとご一緒に

交差点を渡るときは「ちゃんと信号を見る」こと

渡る前に歩行者用信号が青の点滅なら「止まる」が正しいこと

歩行者用信号が青で横断歩道を渡っているときでも、曲がって来るクルマがあり、ぶつかる危険があること

を、左のイラストを見せながら理解させてください。 そして、お子さまの手を引いて、実際に信号を見て交差点を渡りながら、正しい信号の見方と渡り方を一緒に確認してあげましょう。

みんな!どうろを歩くときのやくそくだョ しんごうを見て!青のチカチカならわたっちゃダメニャ! PDF ダウンロード
KYT 道路のキケン、発見! 動画クイズで学べる 危険予測トレーニング( KYT)はこちら
3つめのやくそく

左右がよく見えない交差点では
止まって、よく見て、
クルマやバイクが来ていなかったら渡ろう。

12歳以下の
自転車事故の原因で
一番多いのが「安全不確認」

子どもは、自宅の近くの走り慣れた道で自転車に乗っていると、安全確認を怠りがちです。
そのとき、もしクルマやバイク、ほかの自転車が走って来たら大変な事故になるでしょう。
12歳以下の自転車事故の原因で一番多いのが「安全不確認」です。

お子さまとご一緒に

左右を見て安全を確認しないと事故になる
こと

自転車で交差点を渡るときは「止まって」「左右を見て」「何も来てなかったら渡る」
こと

を、左のイラストを見せながら理解させてください。お子さまは、危険だと判断する能力が十分ではありませんから、「止まって」「よく見る」ことが重要です。お子さまと自転車で出かけ、実際に自宅近くの交差点で、正しい自転車の乗り方を一緒に確認してあげましょう。

みんな!じてんしゃにのるときのやくそくだョ こうさてんではかならず止まって左右を見るニャ! PDF ダウンロード
KYT 道路のキケン、発見! 動画クイズで学べる 危険予測トレーニング( KYT)はこちら