MENU
HONDA
検索

安全運転のポイント「クルマ編」RV車に乗り換えたら

近いものほど見えにくいのがクルマ。背の高いRV車の場合は、とくに注意。 セダンからRV車に乗り換えたとき、まっさきに感じられるのが運転席からの視界のよさです。遠くまで見渡せ、操作に余裕が生まれます。ただ、車高が高くなった分、クルマの近くにできる死角の範囲が広がります。死角をカバーする運転が大切です。

見晴らしはいいけれど死角が多い、
というRV車の特徴を知っておいてください。
下のイラストは、RV車の運転席から外を見た様子です。アイポイントが高く、前方がよく見渡せます。ところが、左のすぐ前方に立っている子どもは、運転席から見えません。クルマの真後ろに立っている子どもも同様です。そこが死角になっているからです。

前後左右、あなたのRV車の死角は
どれくらいか、覚えておいてください。
車高が高いRV車は、地面からボンネットやドアの窓枠までの高さも高くなっています。とくにクルマのすぐそばは、ミラーでも確認できない死角の範囲が大きくなります。死角がどこにあるか、知っておくことが大切です。

出発前や駐車するとき、ミラーと目視で安全確認。RV車は死角をカバーするために、大きなドアミラーや、車種によっては左前にフェンダーミラーがついています。しかし、発進時、駐車時には、ミラーだけに頼らず、車のまわりを直接目で見る安全確認が大切です。

子どものいそうな場所に限らず、動き出す前に必ず安全確認。小さな子どもは、大人が思いもかけないところで遊ぶものです。クルマのすぐ横で自転車に乗っていたり、クルマの下に潜って遊んでいることもあります。たとえば2歳児の平均的な身長は80〜90センチ。クルマのすぐそばに立っていると運転席から見えないことがあります。お子さまと一緒に出かけるときや、スーパーの駐車場など子どもがいそうな場所はもちろん、それ以外の場所でも、動き出す前、車庫入れする前に安全確認が必要です。

Honda ドライビングスクール