MENU
HONDA
検索

安全運転のポイント「クルマ編」苦手をなくす 高速道路への合流

加速車線でスピードを上げ、本線のどのクルマの後に入るかを考える。はじめての高速道路。ふだん走る道とは違い、高速で走っているクルマの流れに合流しなければなりません。安心して合流するためのポイントは、加速の仕方、本線に入るタイミングのとり方などの作戦をもつことです。

  • 合流のしかた

  • 合流のしかた
  • ❶ 加速車線に先行するクルマがいたら、
    加速車線手前でスピードを落とし
    十分な車間距離をあける。

    ❷ 加速車線の手前にきたらウインカーを出し、
    本線のクルマの流れをチェックする。

    ❸ 加速車線を十分に使って加速しながら、
    ドアミラーで本線のクルマを確認、
    どのクルマの後に入るか目標を決める。

    ❹ 合流点が近づいてきたら、目標のクルマの
    斜め後方につくように、スピードを調節。

    ❺ ハンドル操作は緩やかに。直接目で
    後方のクルマの安全確認をして合流する。

ポイント高速道路本線上のクルマの位置と
スピードを確認して、自分の入る場所を決める。
ただ漠然と合流するのではなく、どの場所に入るか、目標の位置を決めて合流することが大切です。加速車線に入ったら、本線の後方を走るクルマの流れを素早くチェック。目標のクルマを決め、そのクルマの後に入るという作戦を立てましょう。

ポイント加速車線では、十分に加速する。加速車線ではしっかりと加速し、加速車線長を十分に利用しましょう。十分加速しないまま合流すると、本線を走ってくるクルマの流れを乱してかえって危険です。

ポイントミラーの死角を目で直接確認しながら、
本線の流れに合わせて合流します。
合流するときは、緩やかな角度で入りましょう。急ハンドルは危険です。また、後方の安全確認は忘れずに。ミラーだけでなく、死角にクルマがいないか直接目でも確認します。

本線走行時には、合流しようとするクルマの動きに注意する。本線の一番左の走行車線を走っていて、合流地点が近づいたら、合流してくるクルマの動きに注意しましょう。加速車線で十分に加速できないまま、あなたの前に合流してこようとするクルマがいるかもしれません。そういうクルマの動きを予測して、合流地点の手前で追い越し車線に移っておくと安心です。車線変更ができない場合は、スピード調節して前のクルマとの車間距離をあけ、合流車の無理な進入に注意しましょう。

Honda ドライビングスクール