MENU

HONDA

検索

高校生交通安全教育 交通事故から身を守る実技教育

交通事故から身を守る実技教育

交通安全教育に長年携わったノウハウをもとにつくり上げられた
実技教育により、楽しく自転車を走らせながら、交通事故を起こさない・
巻き込まれないために、互いの交通への配慮や危険予測を学びます。

実技教育の概要を動画でご紹介

自転車実技教育
(動画再生時間:2:06)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

主な自転車実技教育のご紹介

  • 8の字走行

    一人ずつ入り口からコースに合流し、他車に接触しないように走行します。8の字の交差する箇所ではお互いの動きをよく観て、思いやりをもってゆずり合うことの大切さに気づいてもらいます。

  • 反応・回避

    指導者に向かって走行し、指導者が上げた旗の反対方向に回避します。 スピードが速いほど急な運転操作が難しいことに気づいてもらいます。

  • 飛び出し・停止

    携帯電話を見ながら片手運転で走行し、遮蔽物の 陰から飛び出してきたものにぶつからないよう停止します。 脇見・片手運転がいかに危険かを気づいてもらいます。



  • マニュアルでは、動画にて指導要領を解説しています。

  • 高校生教育トップ
  • 生徒と先生のコメント
  • 実技教育
  • 感受性教育

お問い合わせは安全運転普及本部 地区普及課(03-5412-1150)までお気軽にどうぞ

ページTOPへ