MENU

HONDA

検索
さまざまなシーンを技術がサポート
さまざまなシーンを技術がサポート
  • アクティブセーフティ
  • パッシブセーフティ
  • 先進研究・施設
Hondaの安全の考え方 テクノロジー ヒト コミュニケーション 安全への取り組み

パッシブセーフティ

万一の衝突事故の際に人への傷害を最小限に押さえるという安全の考え方。

傷害を最小限にとどめる安全技術

新・衝突安全設計ボディ

衝突時の衝撃(G)をコントロールするHonda独自の技術「G-CON」により、ボディを「上手く」つぶし、乗員への衝撃を小さくすると同時に、しっかりとしたキャビンで生存空間の確保を図ります。
  • 四輪技術
装備車種

クルマ トップへ

技術・装備の歩み
  • 四輪技術
  • 二輪技術
  • 現在技術・装備
  • 技術・装備
1967 モノコックボディ構造 1972 高剛性モノコック構造ボディ 1979 衝撃吸収ボディ 1993 全方位衝突安全設計ボディ 1998 新・衝突安全設計ボディ 1998 歩行者傷害軽減ボディ 2008 ポップアップフードシステム 2003 コンパティビリティ対応ボディ
関連情報
  • 歩行者傷害軽減ボディ
  • コンパティビリティ対応ボディ
  • ポップアップフードシステム
さまざまなシーンを技術がサポート
さまざまなシーンを技術がサポート
  • アクティブセーフティ
  • パッシブセーフティ
  • 先進研究・施設
Hondaの安全の考え方 テクノロジー ヒト コミュニケーション