MENU

HONDA

検索
さまざまなシーンを技術がサポート
さまざまなシーンを技術がサポート
  • アクティブセーフティ
  • パッシブセーフティ
  • 先進研究・施設
Hondaの安全の考え方 テクノロジー ヒト コミュニケーション 安全への取り組み

パッシブセーフティ

万一の衝突事故の際に人への傷害を最小限に押さえるという安全の考え方。

傷害を最小限にとどめる安全技術

i-SRSエアバッグシステム

Hondaはエアバッグの研究にいち早く取り組み、16年の歳月をかけて1987年、国産車で初めてSRSエアバッグシステムを搭載(レジェンド)。その後もドライバーの衝撃軽減の研究を重ね、2008年、i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>を開発。うず巻き状の縫製が内側から外側に向かって切れながら膨らむ世界初の技術で、様々な体格の方の乗員保護性能の向上と、エアバッグによる衝撃力の低減を両立しています。
  • 四輪技術
装備車種

クルマ トップへ

技術・装備の歩み
  • 四輪技術
  • 二輪技術
  • 現在技術・装備
  • 技術・装備
1987 SRSエアバッグシステム 1990 助手席用SRSエアバッグシステム 1998 運転席/助手席i-SRSエアバッグシステム 1998 i-サイドエアバッグシステム 2002 サイドカーテンエアバッグシステム 2008 運転席用i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ> 2015助手席用i-SRSエアバッグシステム 2014 運転席用SRSニーエアバッグシステム
関連情報
  • 助手席用i-SRSエアバッグシステム
  • i-サイドエアバッグシステム
  • サイドカーテンエアバッグシステム
  • 運転席用SRSニーエアバッグシステム
さまざまなシーンを技術がサポート
さまざまなシーンを技術がサポート
  • アクティブセーフティ
  • パッシブセーフティ
  • 先進研究・施設
Hondaの安全の考え方 テクノロジー ヒト コミュニケーション