Hondaの安全への想い

Hondaの安全への想い

「何もしないのが、いちばん安全?」
そんな考え方も、あるのかもしれない。でも、
Hondaの安全は、「人を羽ばたかせる安全」でありたい。

「移動する喜びって、何だろう?」

時代が大きく変わり、
もう、移動しなくても生活は成り立つのかもしれない。
そんな今だからこそ、Hondaはもう一度、考える。
「移動する喜びって、何だろう?」

人は乗り物を手に入れ、知らない世界に出会いに行く。
人は乗り物を手に入れ、知らない世界に出会いに行く。

人は、生まれたときから好奇心のかたまりだ。
「新しい世界に飛び出したい!」
子どもはみな、その想いにあふれている。
はじめての冒険、はじめての自由。
やがて、人は乗り物を手に入れ、
知らない世界に出会いに行く。

Hondaは、人が生まれ持った好奇心を大切にしたい。

Hondaは、人が生まれ持った好奇心を大切にしたい。
新しい場所、新しい出会い、新しい仲間。
自由な移動が、人と人を繋ぎ、異なる価値観や文化、社会を繋ぎ、
人々の生活を豊かにすると信じている。

求める自由が大きいほど、必要な安全も大きくなると思うから。

だからこそHondaは、
より安全なモビリティ、より安全な社会をつくるために、
誰よりも頑張らなくてはいけない。
求める自由が大きいほど、
必要な安全も大きくなると思うから。

『事故に遭わない社会』、それは、誰もが安心して、好奇心のまま、どこへでも自由に移動できる社会でもある。

そして、世界が安全になればなるほど、自由は大きく拡がっていく。
『事故に遭わない社会』、それは、誰もが安心して、好奇心のまま、
どこへでも自由に移動できる社会でもある。
Hondaは、そんな社会を実現するために、
「人の能力」「モビリティの性能」「交通エコシステム」という
3つの要素を調和させながら、安全への取り組みを追求しています。

人の能力 啓発活動 モビリティの性能 技術開発 交通エコシステム システム/サービス開発 3つの領域

“Safety for Everyone”
それは、自由と好奇心を大切にするHondaの使命です。

3つの安全の取り組み