MENU
HONDA
検索
モビリティの性能

モビリティの性能- 安全技術 -

“人”を徹底的に研究し、
新しい安全技術を生み出していく

人を事故から守り、事故を起こさないようサポートするためには、“人”を徹底的に研究して安全技術を開発することが重要だと考えています。

1987年に国産初の実用化に成功したエアバッグや、1998年に開発した世界初の歩行者ダミーなども「人」を徹底的に研究し、運転者や歩行者を守るために生み出された安全技術でした。

そしていま、この「人」の研究は脳神経まで達し、一人ひとりに寄り添った技術の開発へと向かっています。たとえば、ドライバーの能力や状況、心理状態をクルマ側が理解し、より安全に運転できるよう支援する技術など、不安や困りごとを取り除くことで、安全運転と自由な移動の喜びにつなげていきます。

PICK UP

3つの安全の取り組み

関連情報