MENU

HONDA

検索

須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
今月はお薦めのツーリングコースを実際に走り、いろいろな写真を撮影してみました。行き先は山編ということで日本でも屈指の高原ルートとして有名なビーナスラインです。八ヶ岳の麓から白樺湖を経てビーナスラインをおもいっきり走って来たのですが、さてどんな写真が撮れたのでしょうか?

Point
緑と青空あふれる高原ハイウェイを走る!そして撮る。
エピローグ
東京からビーナスラインへ向かうには中央高速道を使うのが最も一般的なコースだがどこで下りるかはいろいろな選択肢がある。今回は小淵沢ICで下りて富士見高原や原村を走ってからビーナスラインへ向かうことにした。
ビーナスラインとは
「旧蓼科有料道路」と「旧霧ヶ峰有料道路」の両線を合わせたルートが、“ビーナスライン”と呼ばれています。このルートは日本でも有数のドライブルートで、八ヶ岳中信高原国定公園となっている高原一帯の観光地、そして蓼科高原、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島湿原、美ヶ原高原と、快適にツーリングを楽しめる緑と青空あふれる高原ハイウェイです。
Photo01 信玄の棒道
小淵沢ICから富士見高原へ向かう道路を走ると 「信玄の棒道」を見ることができる。これは武田信 玄が作った軍用道路で、新緑が美しかったので側 にバイクを止めて撮影してみた。 緑の森の中でバイクが休んでいる雰囲気で撮影した。
Photo02 八ヶ岳ズームライン
しばらく走ると八ヶ岳ズームラインにでる。この道は諏訪南ICから八ヶ岳に向かって走る道で、八ヶ岳を正面に見ながら走るとその姿が少しずつ大きくなるのがおもしろい。
その八ヶ岳が大きく見えるように望遠レンズで撮影してみた。
Photo03 Photo04
富士見高原
富士見高原にあるスキー場の駐車場でちょっと休憩。青空がきれいだったので駐車場の端にバイクを置いて撮影のためにいろいろアングルを探した。

斜面の下からCB400SBを見上げると青空が鮮やかで、スキー場の建物なども隠れるのでこのアングルに決めて撮影。広角レンズでおもいっきり近づいてフロント部分を大きく写した
Photo05 八ヶ岳エコーライン(原村)
八ヶ岳エコーラインは最近できた道で、八ヶ岳西麓を走る快適なルートだ。田植えの終わったばかりの原村からは南アルプスの眺めが美しい。そこで田んぼの横にバイクを止めて撮影開始。
矢印  
Photo06 田んぼのあぜ道に咲くタンポポや遠くに霞んで見える南アルプスがいかにも春らしい。そのためにカメラアングルを低くして望遠レンズで狙ってみた
Photo07 八ヶ岳エコーライン(蓼科山)
八ヶ岳エコーラインを走っていると、遠くに北八ヶ岳の蓼科山が見えてきた。ちょうど見つけた日本的風景の松の木と共に撮影してみたがちょっとバイクが小さすぎる。

矢印

そこでズームレンズを望遠にズームアップしてCB400SBと蓼科山が大きくなるように撮影した。この場合、広角レンズのままバイクに近づいても背景の山は大きくならないので望遠レンズを使うしか方法はない。
Photo08
Photo09 ビーナスライン
八ヶ岳エコーラインから大門街道を白樺湖まで走り、ここで昼食。いよいよビーナスラインへ向かう。しかし午後からは雲がでてきて青空がなくなってしまった。ビーナスラインの最大のビューポイントである霧ヶ峰も曇ってしまったので、高いカメラアングルから狙ってみた。 7月中旬になるとこの付近はニッコウキスゲ(日光黄萓)が広がる。ぜひ一度見に行くといい。
Photo10 ビーナスライン(和田峠→諏訪)
ビーナスラインで走りを堪能した後は、和田峠から諏訪に下りることにした。“霧ヶ峰から上諏訪へ下りるルート”や“扉峠から松本へ下りるルート”もあるが、今日は諏訪大社に行ってみたいのでこのルートを選んだ。 途中のカラ松林で日が差してきたので、ちょっと一枚撮影した。
Photo11 ビーナスライン(諏訪大社)
和田峠から国道142号を下ってくると、ちょうど 諏訪大社にでる。ここでちょっと一休み。 また日が差してきて暑くなってきた。 観光客のじゃまにならないように写真を一枚撮影後、名物塩羊羹を買って、岡谷ICから東京に帰ることにした。




第28回:林道での撮影   第30回:「おすすめツーリングポイント<海編>」