須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
愛車を撮影する時、自分の愛車を引き立たせるためにはいい背景を選ばなくてはならないですね。背景がいいと自分の愛車まできれいに見えます。では、いい背景とはどんな場所なのか?そして、いい背景がない時はどうしたらいいのか?ということも含め、今月は背景についてのアドバイスをします。

Point1
バイクが引き立つ背景とは?
Photo01 新緑の季節に森に行くと、木漏れ日がたいへんきれいです。そこでさっそく写真を撮ることに。
しかし、ファインダーから覗くと、木漏れ日がまだらに差込み、バイクを見にくくしている。
さわやかな森の雰囲気もいいが、愛車を引き立てて撮影するには適当ではない場所だろう。
Photo02 自分の愛車を引き立てるように写すには、背景をシンプルにするというのが基本だ。 特に旅先では、あれも写したい、これも写したい、といろいろなものと一緒に撮影したくなるもだが、しかしここはガマンをして、愛車を中心としたより良い写真を撮るためにスッキリとした背景を選ぶようにしよう。

Point2
いろいろな背景の中でバイクを撮る
シーン1. アングルを変えての撮影
Photo03 Photo04
広い公園でSHADOW<750>を撮影してみた。
低いアングルから写すと背景の樹木が雑然として、ちょっと背景が煩く見えてしまう。
そこで背景をシンプルにするために、撮影位置を上からにしてみた。すると写りこむ背景は、雑然とした樹木から模様のないシンプルな地面となり、愛車の形状やデザインがよくわかる写真となった。背景に困ったらまずはアングルを変えてみよう。
シーン2. レンズを換えての撮影
Photo05 Photo06
アングルを変えても変化がないような場所では、今度は望遠レンズを使ってみよう。望遠レンズで被写体を狙うと背景をぼかしてくれるので、とくに細かい模様の背景などはそのぼかしの効果で柔らかい背景となる。 それと、広角レンズを使って背景を目立たなくする方法もある。広角レンズで写すと背景は見た目よりも遠くにあるように写される。その効果で背景が遠くになり小さくなるので目立たなくなるのだ。
シーン3. 背景の色に注意した撮影
Photo08 Photo09
自分の愛車と同じような色の背景で撮影すると、上記の写真のように、どんなにシンプルな背景だとしても、バイクのデザインも見えにくく、バイクそのものが引き立たなくなってしまう。背景の色にも注意しなければならない。 そこで、枯れた黄色い芝から黒い背景の場所にかえて見た。するとバイクが浮き立って見え、その存在感を引き出すことができる写真となった。このように背景の色というのは写真撮影の時は意外と重要なのだ。

Point2
よくある背景のなかで注意したいもの
Photo09 Photo10
道路には必ずと言っていいほどガードレールがある。旅先で撮影したガードレールが写りこんだ写真を見ながら、「これがなかったらいい写真なのに・・・」と思った人も多いのではないだろうか?どこにでもあるからこそ、このガードレールが、背景としてバイクの撮影において一番問題になることも多い。
ワイヤータイプのガードレールならまだいいが、できればこの全国にある普通の白いガードレールは避けたいもの。
左のガードレールのある写真と比べてみると、右の写真がスッキリと愛車が写っているのがよくわかると思う。
旅先の撮影では、できるだけガードレールのないところを探して撮るのがいいだろう。


第25回:露出で写真が変わる   第27回:いろいろな構図