須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
写真を撮影する時、露出はすべてカメラまかせという人はいませんか? 確かにカメラのオート機能はすばらしいものです。でもカメラの露出計にまかせっきりでは、いつも同じような写真しか撮れず、面白味に欠けることも…。時には露出を変えて、明るくしたり暗くしたりすると、また違った雰囲気の写真が撮れて楽しいと思います。今月は「露出補正」について簡単に説明してみたいと思います。

Point1
露出補正とは?
Photo01画面の中に明るい部分と暗い部分があった場合、カメラはどちらに露出を合わせたらいいか迷ってしまう。そのため両方の中間の露出で撮影をすることになって、中途半端な露出になることが多い。そんな時は、撮影者が露出をプラスまたはマイナスに補正をしてあげるといい。
写真の明るさが変わると写真のイメージが劇的に変わることがある。露出補正をすることで、写真そのものの「色の濃淡」も変化し、自分がイメージする写真に近づけることも可能となる。
この露出補正の機能はどんなカメラにも付いているので、カメラの説明書を読んでみよう。
例えば…
Photo02 背景が暗い場所でオート露出で撮影してみると、何となく明るい写真になることが多い。
全体が暗いのでカメラの露出計が明るくしてしまっているようだ。何となく色も浅く、しまりのない写真になっている。
矢印
Photo03 露出補正をマイナスにして写真を暗くしてみた。右からの強い光がドラマチックに射しこんでいるのが印象的になった。
XR230の赤い色も強く出て、現実に近い写真となっている。

Point2
露出補正を使って、いろんなシーンを撮影をしてみよう。
シーン1. 夕方の風景での撮影
Photo06 Photo07
夕方もかなり遅い時間に三脚を使ってバイクを撮影してみた。 なかなか明るく写り、バイクもきれいに見える。 これでも問題はないのだが、せっかくの夕方の撮影なのにその感じが出てない。 夕方の暗い感じを出すために露出補正をマイナスにして撮影してみた。全体的に暗くなり背景の街灯が明るく感じて夕方の雰囲気が出た。
シーン2. 夕焼けの風景での撮影
Photo06 Photo07
夕焼けの空をバックに撮影してみた。まわりはもう薄暗くなってきていたが、オート露出で撮影するとかなり明るい写真になってしまった。 夕焼けを写したかったのでマイナスの露出補正をしてみた。うす暗い様子が感じられ、雲間から射しこむ陽の光も見えてきた。 撮影者の狙いどおりの写真となった。
シーン3. 富士山の風景での撮影
Photo08 Photo09
伊豆スカイラインから見た富士山だ。背景は富士山は明るいが、バイクは日陰になってしまう。こんな場所でオート露出で撮影すると、カメラは背景の明るい富士山に露出を合わせてしまい、バイクが暗く写ってしまった。 今度は露出補正をプラスにして明るく撮影してみよう。
富士山はちょっと見えにくくなるが、バイクが明るくなって全体的にちょうどよい明るさの写真になった。
シーン4. 新緑の風景での撮影
Photo10 Photo11
新緑の小川を撮影した写真。太陽の光が小川に反射してキラキラ光っているが、カメラは露出をこの光に合わせてしまったので、写真全体は暗くなってしまった。 春なのに緑の色もくすんでいたので、露出補正をプラスにして撮影した。すると明るい春の感じが出てきて、緑も明るい感じになった。

Point2
露出補正を使って創る、自分だけのイメージの写真
写真の露出は非常に難しく、撮影している時は明るくしていいのか?暗くしていいのか?判断できない場合がある。そんな時は露出を変えて何枚か撮影し、家に帰ってからじっくりと写真を選んで見るのもいいかもしれない。
Photo12
矢印
Photo13 Photo14


第24回:ホワイトバランス   第26回:背景に注意しよう