須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
季節が冬へと変わり、日が暮れるのも早くなってきた最近。ツーリングに出かけてもすぐに暗くなってしまうことが多くなりました。しかし、空気が澄む冬は、ことさら夜景がきれいに見える季節です。家に帰る前や宿に入る前に、ちょっと寒いのを我慢して夜の撮影に挑戦してみてはいかがでしょう。工夫次第でストロボ無しでもいろいろな写真が撮れますよ。

Point1
夜景と撮る
Photo01夜景のきれいな場所に行ったら夜景をバックに愛車を写してみよう。

左の写真 は公園の街灯だけを使って撮影したもの。街灯を利用する場合、ストロボは必要ないが三脚は必要だ。
光源のない真っ暗なところで撮影することは難しいが、街灯があれば光の当たるところにバイクを止めて、三脚にセットしたカメラで撮影してみよう。 この環境であれば、カメラのオート露出でもかなり写るはず。夜景モードなどがあれば利用しよう。
Photo02 Photo03
バイクを前方から写す場合、ヘッドライトを点けるとライトの明かりが強すぎてハレーションを起こしてしまう。夜景に比べてヘッドライトが明るすぎるのだ。 そんな時はバイクを逆向きにして、後方から写してみるといい。テールライトぐらいの明るさなら問題なく、ヘッドライトが照らす前方も明るくなる。
Photo04
街灯がないキャンプ場などでは、 左の写真 のようにバイクをシルエットにして撮影してみよう。この場合、空に少し明るさが残っている時に、撮影するのがベストである。

Point2
いろんな街中で撮る
街灯の多い住宅街や団地の公園などは撮影するにはちょうどいい場所。ツーリングで家に帰る前に、ちょっと写真を撮ってみるのもいいかもしれない。ちなみに 左下の写真 では、光源となる街灯がちょっと赤いので、バイクにその色が反映され、いつもと違うテイストのバイクの姿が映し出されている。
Photo05 Photo06
右の写真 は、アメリカンタイプのバイクを撮影したもの。
メッキ部分が多く、街明かりを反射してストロボ無しでもきれいに写すことができる。街灯をうまく利用するとこんな写真が写せる。
Photo07 買い物に行ったついでにお店の前でちょっと撮影。街灯とお店の光の両方を利用してみた。街中にあふれる光を利用して、いろいろと撮影をしてみよう。

Photo08 この写真は、道路脇に止めたバイクを30秒の長時間露光で撮影したもの。
道路を走る車のヘッドライトが光の線となり流れる面白い背景の写真となった。

Photo09 中山道の宿場町に着いた時の写真。宿に入る前にちょっと一枚写しておくと、昼間とは違った夜の風景がまた旅の記念になる。
この写真の場合は、道の向かいにも明かりの点いた民家があったので、その光がバイクにあたり、バイク明るくなった。


Point3
星空と撮る
この星空を背景にした写真は10分の長時間露光で撮影している。夜空は意外と明るく長時間露光をすれば真っ黒にはならないため、シルエットになったバイクを写すことができる。寒さを我慢すれば、星の周回運動が美しい写真となる。
Photo10

第22回:富士山を写そう   第24回:ホワイトバランス