須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
高原という言葉からみなさんはどんなイメージを思い描くでしょうか?山の麓に広がる草原や青空、そして神秘的な湖や白樺林など静かで美しいイメージがたくさん思い浮かびます。このように美しい高原が日本には北海道から九州までたくさんあります。この秋は高原に行って愛車と共に写真を撮ってみましょう。

Point1
広い高原。その広さを表現しよう
Photo01 Photo02
標高の高いところにある平たんな場所が高原だ。イメージとしては広々とした場所を思いうかべる。
だから高原で撮影するときはこの広さを表現することが大切だ。広々した場所のちょっと高いアングルでの撮影で広さを強調しよう
Photo03 遠くの景色がよく見えるときは、バイクからおもいっきり離れて望遠レンズで狙ってみよう
遠くの景色が大きくなって広角レンズとはまた違った高原の広さや高さを表現できるだろう。

Point2
樹木の景色と撮る
高原で見かける木といえばカラ松や白樺など。
秋になるとカラ松は黄色く色づいてきて青空とのコントラストが美しい。そして白樺の白い幹も高原の景色の中、存在感をかもし出している。
このカラ松や白樺を素材として写し込んで、高原のイメージを盛り上げよう
Photo05
Photo04

Point3
緑の草原と撮る
Photo06 緑の草原が広がるような場所では、草原の緑をみずみずしく輝くように写すのがいい。
それには逆光を利用するのがベスト。逆光で撮影すると草木の緑が輝くように美しく見える。

Point4
高原の空と撮る
高原は標高の高いところにあるために空がとても青く感じる。それは空気が澄んできれいだからだろう。
そんなきれいな空なら広角レンズを使って積極的に画面に入れていこう。都会よりきれいな青空と白い雲が写せるはずだ。
Photo07 Photo08

Point5
湖畔の景色と撮る
高原でよく見かけるのが神秘的な湖。高原の湖は小さいものが多い。そして鏡のように静かな湖面でまわりの景色を写し込んでいる。こんな湖も背景に入れ込んだらおもしろいだろう。できれば自分のバイクも湖面に写し込んでみたい
Photo20

Point6
牧場の風景と撮る
広々とした高原には牧場が多い。のどかに牛が草を食べたり馬が走り回ったりと心安らぐ風景に出会える。
でもバイクはなかなか馬や牛に近づけないので望遠レンズで撮影することになる。ピントはバイクでも馬でもいいが、絞り込んであまりボケないようにしよう
Photo10

第19回:青空と雲   第21回:都会での撮影