須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
いよいよ夏本番!夏休みを利用してロングツーリングに出かける人も多いと思います。
そしてロングツーリングといえばキャンプ。海岸や高原や森の中でのキャンプもツーリングの楽しみの一つ。美しい風景のキャンプ場でテントを張ったら、ぜひ愛車の写真も撮影してみよう。きっと普段と違った写真が撮れるはず。

Point1
いろんな場所で撮影してみよう。
海、山、川・・・キャンプ場はいろいろな場所にある。そして自然に囲まれた美しい場所が多い。だからキャンプ場で撮影する時は、美しい自然を利用して撮影するのがベスト。いろんな場所でいろいろ撮影してみよう。
Photo01 Photo02
水辺のキャンプ場
キャンプ場の中にある小川の近く。流れのない静かな場所を選んでテントを張り、水辺に映るバイクを撮影した。森の中の雰囲気が出て美しい写真となった。
草原のキャンプ場
緑の美しいキャンプ場では、木の葉や草の緑を美しく写すために逆光で撮影してみよう。太陽の光が緑の葉を透けて通るため、木や草が美しく見える。
Photo03 林間のキャンプ場
林間のキャンプ場では、木が邪魔をして太陽の光がなかなかとどかないために、写真を撮るのが難しいところが多い。そんな時は、高く空に伸びる木自体を広角レンズをつかって縦位置で撮影してみよう。
そしてその中にバイクを配置した写真が左の写真となる。
Photo04

高台にある眺めのいいキャンプ場
広がりのあるキャンプ場では、まわりの風景も意識して撮影しよう。

Point2
テントの中から見てみよう。
キャンプ場でテントを張り終わったら、テントの中からバイクを見てみよう。
朝起きたときでもいい、テントから眺める自分のバイクはまた違った印象を受ける。特にロングツーリングなどでは、より頼もしく見えるに違いない。
Photo05

Point3
陽が沈んだ後が勝負!
キャンプでの撮影をするときは、陽が沈んでからが勝負。
ランタンや焚き火の明かりで撮影するバイクは、普段とはまた違った顔を見せてくれるだろう。
Photo06 Photo07
日没直後のテントサイト。陽が沈んでもまだ空は明るい。ランタンの明かりはまだまだ暗く感じる。三脚を使いカメラの感度を上げて撮影してみたが雰囲気はイマイチだ。 しばらくするとまわりも暗くなってきて、ランタンの明かりが強く感じられるように。空も青く、木々もシルエットとなり、この時間が一番美しい時かもしれない。ランタンの光が強すぎるのでテントの陰に置いた。
Photo08 Photo09
空も暗くなり星が輝いてくると、まわりの景色はまったく写らなくなり写真としてはおもしろくない。
この時間になると、撮影はランタンや焚き火の光だけが頼りになる。
暗いからといってストロボを使って撮影するとキャンプ場の雰囲気は無くなってしまう。もしストロボを使うなら日没直後に補助的に使うのがいい。

Point4
マグライトで遊んでみよう。
Photo10
(1) カメラを三脚にセットしてシャッタースピードを30秒ほどにする。
(2) シャッターを押したらカメラの前に走って行き、カメラに向かってマグライトで文字を書いてみる
そして、撮影できたのがこの写真。
キャンプの夜は時間がたっぷりとある。日頃なかなか試せない撮影方法でいろいろな写真を撮って遊んでみるのもおもしろい。きっと夏休みのいい思い出になるはずだ。

第17回:雨の日の撮影   第19回:青空と雲