MENU
HONDA
検索

須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
「フレーミング」というのは実際の風景をどう切り取るかということで、構図と似ているように思われますが、意味合いはちょっと違います。主役となるバイクを置いて撮影するときに縦位置や横位置も含めて、どのように風景を切り取ったら引き立つか…ということです。今回は、多様な撮影環境において、フレーミングで写真がより引き立つ方法をご紹介します。

Point1
想像させることで生まれる、彼方につづく田園風景。
写真は、目で見た風景を全て写せばいいというものではない。被写体であるバイクを引き立たせるためには、風景を切り取ることも必要である。ではどこで切り取ったら効果的なのか見てみよう。
Photo01   Photo03

このような構図の場合、通常、横位置で撮影してしまいがち。
バイクが横長だからということもあるのだが、普通にカメラを構えると横位置になってしまからだ。
しかし、意識的に縦位置で撮ってみると、写真に奥行きを与える効果がうまれ、また違った印象の写真となる。
この写真は、田んぼの中の一本道にバイクを置き、ちょっと高い斜面から超広角レンズで撮影したものだ。  
 
Photo02
望遠レンズを使い、その他の風景を写さず、田んぼだけを切り取り撮影してみた。
(1)の写真を見ていなければ、この写真の周りは、田んぼがどこまでも広がっている田園風景のように見え、フレームの外の風景を想像させることができる。
 

Point2
雑然とした風景では、必要の無いものは削除する。
Photo04 Photo05

前方へと続く道を中心にフレーミングを考えて、縦位置で撮影してみた。

(1)の写真では目立たなかったバイクと、その前に続く道が印象的になった。道だけを中心に考えることで、まわりの余分な風景は消去され、主役を引き立てている。
里山の細い道で、ちょっと休憩。広角レンズで撮影するとこんな場所だ。
このような雑然とした場所で写真を撮影するときは、消去法で考えてみる。
なるべく必要ないものを削除して、主役を引き立てるようにフレーミングを考えたいものだ。
 

Point3
普通の住宅街も、消去法の活用でこのとおり。
Photo06 Photo07

このような場所では、まわりの風景の説明などは必要ないので削除し、バイクと桜並木だけにポイントをおいて撮影してみた。縦位置にして桜並木の奥行きを出すと、住宅街で撮影されたようには見えない。
住宅街の桜並木のそばにバイクを止めてみた。
ごく普通の住宅街の中、バイクも小さく目立たない。
こんな場合も、思いきってまわりの風景を消去してみよう。
 

Point4
場の雰囲気を考えて、海岸とバイクの爽快感をアップ!
Photo08 海辺で撮影する時は、なかなかいい場所が見つからず、場所探しに苦労する。こんなすばらしい場所が見つかったら、すぐに撮影をしよう。

まずは広角レンズで気軽に一枚。
 
Photo09 (1)の写真をみると、どうも画面手前の赤いアスファルトが、この場の雰囲気を壊しているように思えてしまう。
では、これをフレームから削除して、もう一度撮影してみた。

フレームから雰囲気にそぐわないものを削除しただけで、芝生の広がる海岸にバイクを止めているような気持ちよさが出る写真となった。

第15回:ストロボの使い方   第17回:雨の撮影