須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
デジタルカメラのほとんどにはストロボが内蔵され、暗いところで撮影をすると自動的にストロボが発光されるように設定されています。ですから、デジタルカメラを使うときにストロボを自分で意識して使用している方は少ないかもしれません。しかし、写真を撮るとき、光は大変重要です。どんな時にどのようにストロボを使ったら効果的か?今月はそんなストロボの使い方のアドバイスです。

Point1
ストロボを使えば、夜間撮影はすべてOK?
Photo01 Photo02
夜の川原の道で遠くに橋の明かりが見える。
近くの街灯の明かりだけで撮影してみた。しかし暗すぎてバイクがよく見えない。ここでストロボの登場になる。
  しかし、ストロボを自動露出で撮影するとこんな感じで明るすぎてしまう。室外で、しかもまわりが暗いとストロボは必要以上に強く光ってしまうことが多い。単なる記念撮影なら問題はないだろうが、夜の雰囲気を出した写真にしたいのに、これではだめだろう。

Point2
発光調整で夜の雰囲気を演出。
夜の高台にある公園。街の明かりが美しい。
バイクはエンジンを回してライトを点けているが、ここには街灯がなく、真っ暗でバイクが見えない。
Photo03 Photo05
Photo04 Photo06
ここでは一眼レフのカメラに外付けのストロボを用意。ストロボの光が強すぎないように弱く調節して発光させた。
デジタルカメラなので、撮影した写真を見ながら街明かりとのバランスを考え、ストロボの強さを変えて何度か撮影したが、このくらいの発光がちょうど良いようだ。ちなみに、シャッタースピードはかなり遅くしてある
同じ場所で、ストロボの光を左の写真よりも弱くして撮影したもの。より夜の雰囲気を出すにはこのくらいの発光が良いと思う。
風景の中でバイクを写す場合、ストロボを使ったように見せないほうが自然な写真となる。

Point3
被写体から反射されるストロボの光に注意!
Photo07 Photo08
バイクをストロボで撮影するとき注意しなければならないのは、バイクは金属面が多くストロボの光を反射するということだ。だから、バイクを真横に置いて撮影した場合などはエンジンなどの金属面が反射して光ってしまう。   バイクの金属面が反射しないようにバイクを少し前方から撮影してみた。ストロボの反射もなくなってバイクがよくわかるようになった。ただ、ストロボの光は前から発光させているのでバイクの後ろが少し暗くなってしまう
Photo09
これはプロのテクニックで撮影した作例。ストロボを3灯使っている
カメラの右から1灯、そしてカメラの左から2灯のストロボを使い、バイクの立体感と金属感を出している

Point4
使えるのは夜間だけ? 日中でのストロボの使い方
Photo10 Photo11
ストロボを使うのは夜だけとは限らない。昼間でも太陽の光がどうしても逆光になってしまう場合などストロボを使うのがいい。このように逆光の時は、バイクが真っ黒になってしまう。 このような昼間にストロボを使うことを日中シンクロと呼ぶが、逆光撮影の時には非常に有効だ。コンパクトカメラでも強制発光などと呼ぶモードがあるので使えるはず。余談になるが、女性を写すときなど逆光で日中シンクロを使うと髪の毛がキラキラして美しく見えるのでよく使われる。

第14回:花とバイクを撮る   第16回:フレーミングを理解しよう