須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
今回は一眼レフユーザー向けの話題になってしまうかもしれないが、いつもの同じような写真に飽きてきた、ちょっと写真で遊んでみたいなと思った時は、フィルターをレンズの前に取り付けて撮影してみよう。特殊なフィルターを使うことで今までにない楽しい写真が撮れるはず。現在、いろいろなフィルターが発売されているが、今月はその中からいくつかバイクに使えて面白そうなものを紹介してみる。

Point1
光のイルミネーション を演出 … クロススクリーン
Photo01 Photo02
このフィルターはバイクの金属面に当たって反射する光をクロスの光条にするクロススクリーン。曇りの日など光のない場所で使った場合は何の変化もないが、キラキラ光る水面や樹葉からもれる陽光などに使うと、光り輝くクロスの光条が写真を美しく演出する。目で見てその効果が確認できるのでたいへん使いやすく、時々使うと自分の写真に変化を出せる。
クロススクリーンを使って、CB1300のエンブレムを撮影してみた。すると、普通に撮った写真よりもちょっとだけおしゃれな写真に。
Photo03

Point2
霧の中で撮影したような雰囲気を創る … フォギー
Photo04 Photo05
フォギーという明るい部分をにじませて、まるで霧の中にいるような雰囲気になるフィルターだ。このフィルターは強い光がなくても、曇りの日でも使え、雨の日に使うとほんとうの霧のような感じになる。この写真は、Shadow750の金属部分を撮るとき、このフィルターを使ったもの。フィルター無しの時は力強い男らしさを感じるが、フォギーを使うと柔らかい優しい写真となる。
Photo06 Photo07
花や風景などを写すときに使うと、ちょっと昔を回想するようなソフトな効果が出てくる。光が強ければ強いほど効果は大きいが、逆光などでは効果が強すぎて使えない。

Point3
視覚と異なるスローシャッターの世界を現実に … ND400
Photo08 レンズに入る光量を1/400にするフィルター「ND400」。このフィルターはちょっと特殊なものになる。
昼間に長時間露光をするのが主な目的で、例えば、シャッタースピードが1/125秒の時このフィルターを使うと、4秒の露出になる。

写真(1)は、人混みで撮影したフィルター無しの普通の写真だ。

写真(2)は、同じ場所でこのフィルターを使い、8秒の露出をした写真。

動いている人は流れて写らずに、止まっている建物だけが写ってしまう面白いフィルターだ。
普通のカメラでは目で見て効果が確認できないが、デジタルカメラなら写してすぐにモニターで確認できる。
長時間露光になるので三脚が必要だ。
Photo09

Point4
反射を取り除き、鮮やかな色彩を表現 … PLフィルター(偏光フィルター)
Photo10 Photo11
風景写真を撮るときに一番使われるのがこのフィルター。
本来は反射する光を除去するフィルターなのだが、晴れた日に使うと青空が見た目より青くなるので風景によく使われる。ただどこを向いても青くなるわけではない。太陽との角度によって効果が変化するので、写す前にフィルターを回転させてファインダーで確認しなくてはならない。
※写真(2)は、青空の効果を出すために使ってみた。写真(1)よりも深い青空になっている。

第12回:須藤撮影隊が行く(北海道編)   第14回:花とバイクを撮る