須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
バイクを撮影するときにみなさんはいつも眼の高さで撮影していると思う。バイクは人間の眼の高さから見たときに美しいようにデザインされている。だからカメラを眼の高さにして写すのがいいのだが、違う高さからバイクを見てみるのもおもしろい。背景の見え方も違ってくるのでこれまでと違う写真が撮れるはずだ。

Point1
アングルを変えると印象も変わる
Photo01 Photo02
バイクから数メートル離れたところで眼の高さから撮影した写真だ。太陽の位置やバイクを見る角度など考えてこの位置になった。ごく普通の写真だが、背景がちょっとゴチャゴチャしていているのが気になる。
そこで思い切ってカメラの位置を下にしてみた。こうするとバイクをやや下から見ることになるのだが、エンジン部分が大きく強調され迫力が出てくる。そして背景が空になりスッキリとした画面になった。実はこのアングル、バイクが傾いてコーナーを走る様子を外側から見たときと同じなのだ。

Point2
街中の雑踏な背景。でも視点をかえると・・・
Photo03 Photo04
街中の撮影では車や人が多く、背景に写ってしまうので注意が必要だ。また高いビルに囲まれどうも開放感がない。   カメラのアングルを下げてローアングルにすると、背景もスッキリして車や人が目立たなくなる。またビルも全体が写って空が見えて明るい感じになった。

Point3
広大な場所では、高いアングルからの撮影が効果的
Photo05 道がどこまでも続くような場所や広がりのある所では、まわりの状況を写し込むために高いアングルから撮影するのがいい。 高いアングルから一面に広がる緑の空き地がよくわかる。低いアングルだとこの広がりを写すことはできないはずだ。

Point4
見つけてみよう!愛車のベストショットポジション
Photo06

フォルツァのエンブレムを写した写真。ローアングルからフォルツァのフロント部分もわかるように写してみた。
バイクの部分を撮るときもローアングルがいい場合がある。

Photo07

歩道橋の上から路上に止まっているバイクを写した。真上から見たバイクも形状やデザインが面白く楽しめる。
Photo08

山梨県の県道のコーナー途中で休憩したときの写真だ。景色がいいわけではなく普通なら写真を撮るような場所ではない。
だが下に降りる階段があったので下から見上げると、背景が青空となり草の中から顔を出したシャドウが目をひいたので写した。アングルを下げたために発見した写真だ。


第10回:街中での撮影   第12回:須藤撮影隊が行く(北海道編)