須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
めっきりと寒くなり、高原スカイラインなどは冬季閉鎖の情報が入ってきている。こんな時はお気に入りの町中などを小さなバイクでツーリングしてみてはどうだろうか?旧街道の宿場町など古い町並みが残っているところは細い路地が多い。そんな場所でも小さなバイクならけっこう楽しく走れるものだ。そこで今月は下町の写真撮影を楽しんでみよう。

Point1
細い路地での撮影では、広角レンズ・望遠レンズを使ってみよう!
Photo01 Photo02
まっすぐな路地の場合は、望遠レンズを
まっすぐな路地がどこまでも続いている場合は、望遠レンズを使うことができるので、望遠で撮影すると、また違った印象の写真となる。
奥行きを見せるためには、広角レンズを
東京の下町は車が通れないような細い道が多く、大型バイクではなかなか走りにくい。でもこんな場所だからこそ、小さなズーマーのようなバイクが楽しいのかもしれない。撮影する場合は、場所が狭いので広角レンズが中心となるだろう。小さな路地の奥行きを見せるようにして広角レンズで撮影してみよう。

Point2
バイクや背景の色が引き立つ構図を考える
Photo03 Photo04
東京の佃島は昔からの古い町だが、最近は高層マンションができて雰囲気ががらりと変わってしまった。そんな佃島の赤い橋でズーマーを撮ってみた。が、平凡な構図で橋の赤とバイクの赤が重なって見にくい写真となってしまった。   そこで赤い橋から少し離れたところにバイクを置き、構図も考えて撮影してみた。回りの雰囲気もわかり見やすい写真となった。

Point3
人物を意図的に画面に入れてみる
Photo05 どこでもよく見かける鉄道のガード下だ。この中にバイクを置くと、暗くてシルエットになってしまうので、入り口付近に止めて撮影してみた。ガード下を行き交う人物が背景でシルエットになり、街中の雰囲気がわかる。ときにはこのように人物を意図的に画面に入れてみるのもおもしろい。

Point4
人通りの多い場所では、シャッターチャンスを逃すな!
Photo06 Photo07
浅草の街中で撮影した写真だ。ちょっとにぎやかだが、人通りがなくなるのを待ってシャッターを押した。にぎやかな街中でも、少し待てば一瞬だが人通りが切れることがある。そんなシャッターチャンス逃さずにしよう。人が多すぎてもよくないし、人がまったくいないと街らしくない。

Point5
ロケーションに合わせて、臨機応変に撮影する
Photo08 Photo09
橋全体が写せる「引き」の場所がある場合
東京下町を流れる隅田川。ここに架かる勝鬨橋(かちどきばし)を背景にズーマーを写そうと思い、橋全景が写せる場所を探して撮影した。
「引き」の場所がない場合
白鬚橋では橋全体を撮影するような場所がなかったので、橋の名前が表示されている所で撮ってみた。いつも必ず全景を写せばいいというものではない。橋の部分でも象徴的なところがあれば、それを生かして撮影すると変化のある写真になる。


第9回:紅葉とバイク   第11回:アングルを変えてみよう