須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
みんなでツーリングに出かけたときは、他の人に頼めば、愛車と一緒に写真を撮ってもらうことができる。でも1人でツーリングに出かけると、なかなか自分の写真が撮れないものだ。愛車の写真は撮れるのに、自分を写すことができないのはちょっと寂しい。どうやったら、うまく自分も写ることができるだろうか…?そこで今回は、自分で自分を写すセルフポートレイトのやり方を伝授しよう。

セルフポートレイトのやり方で、まず思いうかべるのは三脚の使用だろう。バイクに積んでツーリングに出かける時には、大きな三脚は邪魔になる。なるべく小さい三脚を選んだほうがいい。左側の写真には2つの三脚があるが、三脚にも色々な種類がある。大きな方が安定性があり、足を延ばすと高さもあるが、右側の写真のように携帯電話と同じくらいの小さなサイズなら、ポケットに入れて持っていくこともできるのでツーリングには便利だ。

でも、セルフポートレイトを撮るのに、三脚は絶対に必要な物でもない。三脚がなくてもいろいろなものを利用すれば、自分を写すことは可能だ。左側の写真は自分が背負ってきたデイバックを地面に置き、その上にカメラを置いて撮影している。バッグが柔らかいので、置き方によってカメラの向きを変化させることができる。また右側の写真は、観光地にあったテーブルの上にカメラを置いて撮影しているところ。平らなテーブルがあるとカメラを置きやすいので、そういったロケーションにも配慮しておくとよいだろう。

この写真は、デイバッグの上にカメラを置いて撮影したものだ。アングルが低く、やや傾いているが、デジタルカメラならファインダーが覗けなくても、すぐにもう一度撮影することができるので、何度でも撮りながら調整してみよう。また直接地面にカメラを置いても写せるが、アングルが低すぎるため、場所を考えないと背景が空だけになってしまう。カメラを木にぶら下げて撮ることもできるので、試してみよう。

見晴らしの良いキャンプ場での写真だ。カメラのセルフタイマーは大体10秒くらいでシャッターが切れるようになっている。だから自分を写すには、10秒間で準備をしなければならない。この写真は大きな三脚を使ったのだが、シャッターを押してから10秒の間にテントの側まで走っていき、立ち止まってシャッターが切れるのを待って写した。夜景の撮影の場合は、シャッタースピードが数秒と長いため、しばらく立ち止まる必要がある。

これは鳥海山をバックに撮影した写真だ。シャッターを押した後、走っていって座り、用意してあったコーヒーを飲んでいるところだ。10秒あれば、かなり色々なポーズを取ることができる。撮影前にいろいろと練習して試してみたらどうだろうか。このように、1人でツーリングに出かけても、アイデアしだいで自分を撮ることは可能だ。三脚があってもなくても、セルフタイマーが付いているカメラならなんとかなるはずだ。

第4回:構図   第6回:海辺の撮影