須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
最近のカメラに付いているレンズはほとんどがズームレンズになっている。一般に標準系ズームレンズと呼ばれ、広角レンズから望遠レンズまでをカバーしている。ではバイクを撮るときには望遠レンズを使った方がいいのか?それとも広角レンズを使った方がいいのか?どちらがいいのか悩むところだ。今月はそれを考えてみよう。

広角レンズは文字のとおり広い範囲が写るレンズだ。だから普通に考えると、大きな物や広がりのある風景を撮す時に使われる。しかしこのレンズは「手前にあるものはより大きく」「遠くにあるものはより小さく」誇張されて写るのが特徴。だから当然被写体の形も変形したり歪んだりしてしまうことがある。でも、それがこのレンズのおもしろさだ!
 写真はCB400Fourの特徴であるマフラーを大きく誇張するために意図的に広角レンズを使用してみた。

上の写真のように広角レンズはバイクの形が歪んでしまう。それがまたおもしろいところなのだが、では歪まないで撮るにはどうしたらよいのだろうか?
 それは望遠レンズを使えばいい。この写真は海岸の公園で「ベンリィCL50」を望遠レンズを使って撮影した。バイクの形を正確に撮すには、やはり望遠レンズを使うことになる。また望遠レンズは後ろの背景をぼかしてバイクを浮き立たせてくれる効果もあるので大変便利だ。

こんどは同じ場所で広角レンズと望遠レンズの違いを見てみよう。松本の林道途中にあった広場から北アルプスを展望している写真だ。こんなに天気のいい日にこのような場所に来たら、だれでも遠くの風景に見入ってしまうだろう。この写真は広角レンズを使用しているため、北アルプスがはるか彼方に見える。広角レンズにより実際の見た目以上に北アルプスが遠くに感じられ、新緑の山など周囲の状況もよくわかる写真になっている。

こちらの写真は同じ場所で、望遠レンズを使用して撮影した写真。バイクの大きさを写真の中で同じにするために、カメラマンはバイクから離れて撮影している。見てわかるように、北アルプスが迫力ある姿で大きく迫ってきている。まるで北アルプスのすぐそばにいるように見えるだろう。望遠レンズは遠くのものを近くに引き寄せる効果があるので、山を撮すときなどには効果的だ。

この写真は鈴鹿サーキットのコース上で「ホンダNR」を撮影したものだ。背景をぼかしてバイクを浮き立たせるために300mmの超望遠レンズを使用して撮影した。超望遠レンズを使うということは、カメラの位置はバイクからかなり離れなければならない。つまり広い場所でないと撮影できないのである。ということで、バイクをわざわざサーキットのコース上に出して撮影した。狙い通り背景もすっきりした写真になった。

第1回:手ブレに注意   第3回:新緑を撮る