MENU
HONDA
検索

須藤英一(フリー・カメラマン)
1956年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、アバコ撮影スタジオを経て1981年フリーカメラマンとなる。1985年雑誌『アウトライダー』にてツーリング写真の撮影を開始。以後日本の道、風景を撮りつづけ、現在にいたる。2002年長年の取材経験をもとに「日本百名道」(大泉書店)を発表。
記念すべき第1回は、まずは基本ということで「カメラの構え方」を紹介しよう。
みんなの写真を見ていると、何だかボケているような写真が多い。これはほとんど手ブレが原因のようだ。しっかりと構えて、手ブレのないシャープな写真を撮ろう。

最近のデジタルカメラは、液晶画面を見ながら撮影するようになっている。撮影する時に、カメラを持った手を前に伸ばして撮影してしまうことがあるが、これはたいへん不安定な構え方だ。カメラが上下左右に動いてしまうのがよくわかるだろう。こういう状態でシャッターを押すと、カメラは必ず動いてしまう。カメラを構える時は、必ず脇の下を身体に付けて、この写真のように少しでもカメラを動かないように心がけよう。

カメラのレンズはコンパクトカメラのものでも、すごくよくなってきていて、細部まで精細に写すことができる。それなのに、なぜかピントが合ってないように思えたら、まずは手ブレを疑ってみるといい。同じ場所から同じように撮影した写真の中に、ピントの合ってないような写真があったら、それは手ブレが原因だ。このくらいのサイズの写真だと、手ブレしているかどうかがなかなかわかりにくい。しかし大きく伸ばすとその差がよくわかるので、確認してみるといい。

最近の500~600万画素といったデジカメで撮った写真をモニターで見ると、かなり細かいところまで写っているのがよくわかるだろう。手ブレのない写真は、大きく引き伸ばしてもピントの合ったシャープな写真になる。それに比べて手ブレの写真は、大きき引き伸ばすとブレているのがよくわかる。しっかりと構えて静かにシャッターを押すのが基本だ。あせってシャッターを押したり、強くシャッターを押すと、必ずブレてしまうので気をつけよう。

この写真は、北海道苫前町の風力発電の風車群だ。ここは高台にあり、風がたいへん強い。(だから風力発電をしているわけなのだが…)カメラを構えて立っていると、身体が強い風で動く。手ブレが心配なので、近くにあった杭に寄りかかり身体が動かないようにして撮影してみた。このように手ブレが心配な時は、周りにあるいろいろなものを利用して、身体やカメラが動かないように工夫をするといい。そうすれば大きく伸ばしてもきれいな写真が撮れる。

箱根にある芦ノ湖スカイラインは、走って楽しいワインディングロードだ。春になると多くのライダーが集まる。ここから見る富士山はたいへん素晴らしいので、駐車場にバイクを止めて富士山と一緒に撮影してみよう。望遠レンズを使って富士山とバイクを一緒に撮るため地面に座って撮影した。座って肘を膝の上に乗せることによって手ブレを防ぐと共に、下から見るため画面の中に富士山がちょうどよい位置で収まった。

第2回:広角レンズと望遠レンズ