MENU

HONDA

検索
ホンダホームページへ
インフォへ
News From HONDAトップへ
News from HONDA
News from HONDA 99の目次へ


ホンダの情報



1999年3月26日

ホンダ、中国広州市でアコードのラインオフ式典を開催


<ご参考>

本田技研工業(株)の中国における生産・販売合弁会社が、現地時間3月26日(金)午前10時30分(日本時間 同日午前11時30分)に乗用車生産のラインオフ式典を行いましたので、その内容についてご案内いたします。

 本田技研工業(株)と広州汽車集団公司(以下広州汽車)との合弁会社である広州本田汽車有限公司、及び東風汽車公司(以下東風汽車)との合弁会社 東風本田発動機有限公司は、3月26日、同社工場にてアコードのラインオフ式典を行なった。

 同式典には、中国側から李 長春(り ちょうしゅん)中央政治局委員、朱 森林(しゅ しんりん)広東省 人大常委主任らをはじめとする中央、広東省、広州市それぞれの関係者が、日本側からは日本国大使館 杉本 信行公使らが出席した。また、合弁相手の広州汽車からは張 房有(ちょう ぼうゆう)董事長、東風汽車からは馬 躍(ば やく)総経理が、ホンダ側からは宗国旨英会長、吉野浩行社長らが出席し、現地生産車のラインオフを祝った。

 ホンダは昨年7月に、広州汽車集団公司(広東省広州市)と四輪車の製造・販売の合弁会社である広州本田汽車有限公司(以下広州本田、広東省広州市 総経理:門脇 轟二(かどわき こうじ))を、また東風汽車公司(湖北省十堰市)とエンジンの製造・販売の合弁会社である東風本田発動機有限公司(広東省広州市 総経理:杉山 清)をそれぞれ設立し、広州における乗用車生産プロジェクトに着手した。

 広州本田で生産されるアコードは、米国で生産・販売されているものと同タイプのアコードセダンで、1999年の生産は約1万台を計画しており、2001年には年間3万台にまで引き上げる予定である。生産開始当初は部品を日本、アメリカ、タイ、マレーシアから調達するが、『汽車工業産業政策』の規定により今年の10月末には現地調達率を40%とし、以後高めていく予定である。

 広州本田は乗用車の生産と平行して販売網の構築も進めており、同社で生産されたアコードはホンダ専売店を通じて販売される。1999年末までには60店、2000年には約100店の専売店を設立する予定である。


(ご参考)

合弁会社概要
●広州本田汽車有限公司 (Guangzhou Honda Automobile Co., Ltd.)
  資本金: 1億3,994万米ドル
出資比率: 本田技研工業株式会社 50%
広州汽車集団公司 50%
会社所在地: 中国広東省広州市黄埔横沙
設立: 1998年7月
代表者: 総経理 門脇 轟二(かどわき こうじ)
生産車種: アコード
生産能力: 年産3万台 (立上り時)



●東風本田発動機有限公司 (Dongfeng Honda Engine Co., Ltd.)
  資本金: 6,006万米ドル
出資比率: 本田技研工業株式会社 50%
東風汽車公司 50%
会社所在地: 中国広東省広州市黄埔横沙
設立: 1998年7月
代表者: 総経理 杉山 清
生産車種: アコード用エンジン
生産能力: 年産3万台 (立上り時)



News from HONDA 99の目次へ

フッタ
サーチへ コンタクトへ フィードバックへ FAQへ ホットニュースへ ホームページへ