MENU

HONDA

検索
ホンダホームページへ
インフォへ
News From HONDAトップへ
News from HONDA
News from HONDA 99の目次へ


ホンダの情報



1999年3月9日

本田技研工業(株) 「99年度 ホンダ・ドライビング・スクール」開催について


<お知らせ>

 本田技研工業(株)は、1991年より開催し好評を得ている一般ドライバー対象の四輪車安全運転スクール「ホンダ・ドライビング・スクール」の99年度開催内容を発表した。

 このスクールは、四輪車の車両特性の理解を深め、自らの運転能力を把握することによって、一般ドライバーの安全運転に対する意識を高めることを目標にしている。〈和光〉〈埼玉〉〈鈴鹿〉〈福岡〉〈熊本〉の全国5つの交通教育センタ−、および栃木の「ツインリンクもてぎ」の合計6ヶ所において、本年度はスクール全体として延べ320回の開催を予定している。
 また、本年度は「もっと『運転』が楽しくなる!」をキーワードに、受講者の「参加しやすさ」を目指して、より多彩なプログラムを用意する。特に初心者の方にお気軽に参加いただくことを主眼において、苦手な車庫入れ・縦列駐車の克服を目指すバック専門の初級半日コ−ス(和光)や、女性専用の初級半日コース(鈴鹿)、お客様のご要望にお応えして出張でマンツーマン指導を行なう初級半日コース(福岡)を新設する。また、体系化されたステップアッププログラムとして好評の初級一日コース(ファーストステップ、セカンドステップ)(埼玉)に、新たにサードステップを開設する。

 スク−ルに使用する車両には、「オデッセイ」「ステップワゴン」など人気のRV車をはじめ、環境にやさしい低公害車「シビックフェリオLEV」、安全と環境性能をトップレベルまで追求した新規格の軽自動車「ライフ」「Z」も導入。また、MT/ATの選択はもちろん、海外への旅行、出張、転勤に備える為の左ハンドル車も用意している。

 指導は、経験豊富で高度な指導技術をもつ交通教育センターの専任インストラクターが担当し、長年の活動を通じて得たノウハウをいかした科学的なカリキュラムによる実践的な安全運転スクールとなっている。

 安全に対する関心が高まりつつある中、「ホンダ・ドライビング・スクール」の参加者は年々増加しており、昨年度は約1600人の方に、また累計では約7700人の方に受講していただいている。ホンダでは、この他にも企業を対象とした「企業ドライバー安全運転講習会」、二輪車の「ホンダ・モーターサイクリスト・スクール」「親子でバイクを楽しむ会」、オーナーを対象とした「NSXオーナーズミーティング」「インテグラ タイプR コンセプトミーティング」なども開催しており、お客様の様々なご要望に応えられる安全運転スクールを設定している。

 ホンダはかねてより安全を最重要課題として位置付け、車のハード面はもちろん運転者教育にも積極的に取り組んでいる。現在、官公庁や企業を対象とする運転者教育をはじめ、各種ドライバーを対象とするスクールの受講者は合計で年間約6万2千人(98年)にのぼっている。

 「ホンダ・ドライビング・スクール」受講の申し込みは、プリモ、クリオ、ベルノのホンダ四輪販売店および各交通教育センターで受け付けている。各コースとも販売店でお申し込みの方またはJAF会員の方は2,000円割引になる。(「ツインリンクもてぎ」開催のコースを除く)


【会場】
・アクティブセーフティトレーニングパークもてぎ   栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
TEL:0285-64-0100
・交通教育センターレインボー<和光> 埼玉県和光市下新倉465
TEL:048-461-1101
・交通教育センターレインボー<埼玉> 埼玉県比企郡川島町出丸下郷53-1
TEL:0492-97-4111
・鈴鹿サーキット交通教育センター 三重県鈴鹿市稲生町7992
TEL:0593-78-0387
・交通教育センターレインボー<福岡> 福岡県粕屋郡新宮町下府野間253-1
TEL:092-963-1421
・交通教育センターレインボー<熊本> 熊本県菊池郡大津町平川1500
TEL:096-293-1370

このスクールについてのお問い合わせは、各会場またはホンダ安全運転普及本部(TEL:03-5412-1575)まで。



News from HONDA 99の目次へ

フッタ
サーチへ コンタクトへ フィードバックへ FAQへ ホットニュースへ ホームページへ