MENU

HONDA

検索
ホンダホームページへ
インフォへ
News From HONDAトップへ
News from HONDA
News from HONDA 99の目次へ


四輪製品ニュース



1999年4月15日

ホンダ、新世代リアルオープンスポーツ「S2000」を発売


本田技研工業(株)は、「走る楽しさ」、「操る喜び」を具現化しつつ、同時に、環境への配慮と高い衝突安全性を兼ね備えることをテーマに開発した、新しい走りの楽しさを提案するリアルオープンスポーツカー「S2000」を、4月15日より、全国のホンダベルノ店より発売する。

S2000は、FR(フロントエンジン・リアドライブ)方式の2シーターオープンスポーツカーであり、2リッター4気筒自然吸気ながら最高出力250PS、最大回転数9,000rpmという世界最高水準の高出力と、平成12年排出ガス規制値を50パーセント以上下回る先進の排出ガスのクリーン化を実現している。
FRスポーツカーとして、より優れたハンドリング性能、軽快感、人車一体感実現のために、エンジンを前輪車軸後方に配置するFRビハインドアクスル・レイアウトとすることにより車体前後重量配分を理想である50:50とした。
また、新開発オープンボディ骨格構造「ハイX(エックス)ボーンフレーム」により、クローズドボディ同等以上のボディ剛性と世界最高水準の衝突安全性を備えている。
生産はNSXと同じ栃木製作所高根沢工場で行われる。



S2000(オプション装着車)

S2000(オプション装着車)


吉野浩行 本田技研工業(株)社長は、
「S2000は、楽しさ、地球環境への対応、安全性という複数の価値を高い次元で実現した21世紀に向けた新しいホンダのシンボルである」と語った。



●販売計画(国内)  月間500台
 
●希望小売価格(6MT車両本体価格 単位千円)
東 京 名古屋 大 阪 福 岡 仙 台 札 幌 沖 縄
3,380 3,391 3,396 3,407 3,384 3,421 3,461
メーカーオプション BBSアルミホイール(4本) 200,000円
本革シート 100,000円
ホンダDVDナビゲーションシステム 220,000円



S2000のおもな特長


エクステリア/インテリアデザイン
エンジン/トランスミッション

世界最高水準の高出力と先進の低排出ガス化を実現。
ボディ

オープンカーでありながら、クローズドボディ同等以上の剛性と衝突安全性を実現。
シャシー

操舵に対する高い車両応答性の実現と制動性能の向上。
安全


環境


*1 平成12年排出ガス規制
平成12年10月1日より施行される国内新排出ガス規制で、現行昭和53年規制におけるCO、HC、NOxそれぞれの規制値の約70パーセント減を義務づけている
*2 適合車自動車取得税優遇について
平成12年規制適合車の規制施行前である平成11年4月1日から平成12年9月30日までの新規登録において、自家用、営業用ともに自動車取得税が定率1パーセント軽減される。
*3 環境庁排出ガス技術指針
さらなる強化として、HCとNOxにおいて平成12年規制値をさらに25パーセント(仮称「移行期低排出ガスレベル」)、50パーセント(仮称「低排出ガスレベル」)、75パーセント(仮称「超低排出ガスレベル」)下回る3段階基準を定めた指針





関連情報
4輪テクノロジー
FACT BOOK
4輪製品


News from HONDA 99の目次へ

フッタ
サーチへ コンタクトへ フィードバックへ FAQへ ホットニュースへ ホームページへ