MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
パワー・ストーリー
企業、製品、人・・・それぞれのパートナーシップ
バックナンバー
プロローグ
プロローグPHOTO
1998年9月、(株)ニッカリの社員、藤田雄二と石原暉久は、南米エクアドルの首都キトの空港に降り立った。2人が「涼しいな」と、拍子抜けした表情で顔を見合わせたのも、無理はない。彼らが受けた社命は「アマゾンへ行ってくれ」というものだった。社命を受け、藤田は「どんなところだろうか・・・」と漠然とした不安を抱えていた。「相当、蒸し暑そうだけど、行けばどうにかなるさ!」と、未知の土地に興味津々の石原とは対照的だが、むしろ藤田の反応の方が自然だろう。赤道直下に位置し、高温多湿で知られるアマゾン・・・。その気候に加えて、風土病にかかる恐れもある。不安に陥らない方がおかしい。ところが、実は南米エクアドルでも、高地に位置するキトの年間平均気温は16度程度だったのだ。ホテルから見えるキトの街並みも、とてもアマゾンが位置する国のものとは思えなかった。だが、それはエクアドル東部にある熱帯雨林地帯とはかけ離れていたのだ・・・。
トップページへ 次へ