MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
直美さんのポタジェは早春もにぎやか。野菜が元気に育っています。
My GARDEN

My GARDEN
2007 春号 VOL.42
文:石川祐子
写真:弘兼奈津子
イラスト:NAOMI
マイガーデン
●定価1100円(税込)
●マルモ出版
 〒150-0043
 東京都渋谷区道玄坂1-20-1
 大沢ビル5F
 http://www.marumo-p.co.jp/

こまめ
●商品情報 ●スペシャルページ
秋にタネをまいた大根やキャベツが、収穫のときを迎えました。天気がいいこの日、直美さんはポタジェのできごとを、かわいい絵日記に残します。
ポタジェでは、春の支度が始まりました
NAOMIのポタジェライフ作物はほとんどなくて、殺風景と思われがちな冬から春先の庭。でも、直美さんのポタジェは、驚くほど豊かです。春菊、レタス、ダイコン、カブ、スナックエンドウ、キャベツ、イタリアンパセリなど、9月から11月頃にかけて、折々、タネをまいたという野菜やハーブが、元気に育っていました。
「今年は暖冬のためか、どの野菜もよく育っています。おかげで冬の間も、新鮮なとれたて野菜を食べられました。わが家では食べきれないぐらいでしたよ」
直美さんがポタジェライフをはじめて、ちょうど1年が過ぎました。今では野菜づくりにもかなり慣れた様子で、これはという作物を選んでは、手際よくつぎつぎと収穫していきます。
よく晴れたこの日、大切な作業がもうひとつありました。春の植え付けに向けて、土づくりです。
「ここにはジャガイモを植える予定です。昨年、庭で収穫したジャガイモは、ほんとうにおいしかった。今年は違った品種を試してみたくて」
そこで、Hondaのミニ耕うん機「こまめ」を相棒に、土をていねいに耕す直美さん。耕うん機は「短時間で、土がまんべんなくほぐれるのが魅力」だといいます。耕したあとの土は、空気をよく含み、フワフワになっていました。この土ならきっと、直美さんの期待に沿う、おいしいジャガイモが育ってくれることでしょう。春の植え付けが楽しみですね。

ポタジェの絵日記を綴ってみませんか?
ミニ耕うん機「こまめ」の運転もすっかり板についた直美さん。「やっぱり、作業が早くてラクですね。手で耕すと、どうしても土のかたまりが残りますが、これを使うと、土がキメ細かくなるので助かります ミニ耕うん機「こまめ」の運転もすっかり板についた直美さん。「やっぱり、作業が早くてラクですね。手で耕すと、どうしても土のかたまりが残りますが、これを使うと、土がキメ細かくなるので助かります」

紫色のブロッコリーは、やや小ぶりのできばえ。茹でると緑色に変わるのだとか 紫色のブロッコリーは、やや小ぶりのできばえ。茹でると緑色に変わるのだとか

手前からイタリアンパセリ、キャベツ、大根、右奥はブロッコリー。藁で三角に覆われているのはスナックエンドウ 手前からイタリアンパセリ、キャベツ、大根、右奥はブロッコリー。藁で三角に覆われているのはスナックエンドウ

大小さまざまな生長ぶりがかわいいカブ。味も抜群 大小さまざまな生長ぶりがかわいいカブ。味も抜群

キャベツは寒冷紗を使って、寒さだけでなく鳥からも保護 キャベツは寒冷紗を使って、寒さだけでなく鳥からも保護

前画面へ戻る
ホームへ