MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
おおいまちこの週末農園だより vol.6
うかたま

うかたま 2007 Vol.6
文●おおいまちこ
写真●大西暢夫
うかたま
●季刊 定価780円
●農文協
 〒107-8668
 東京都港区赤坂7-6-1
 http://ukatama.net/


プチな
●商品情報 ●スペシャルページ

世の中の初心者向けの指南書には「失敗しない○○」とうたったものがよくある。野菜のつくり方もしかり。
とてもわかりやすく書かれているので、思わず手が出るが、それを参考にしたところで、やはり万全とはいかないものだ。
しかし、失敗は成功の母。そこから何かを学べればよしとしよう。ずっこけてばかりの私も、少しは野菜づくりの知識、技術は向上している・・・・・はず。


“習うより慣れろ”の精神で
今や私の畑にかかせない、野良友のタケちゃん(左)と綾子ちゃん(右)。最近は2人とも「プチな」の扱い方にすっかり慣れてきた様子
今や私の畑にかかせない、野良友のタケちゃん(左)と綾子ちゃん(右)。最近は2人とも「プチな」の扱い方にすっかり慣れてきた様子
前号のこの連載の最初のページに、収穫期を迎え、土の上にひょっこり顔をのぞかせたカブの写真が載っている。これを見た、知り合いのとても知的なおじさまが、不思議そうな顔で私にこんな質問をした。
「このカブは、撮影のために、わざわざ土の上に並べたのかね?」
これを聞き、「え〜っ、カブはこうやってできるんですってば〜」と、突っ込みを入れた私。だが、振り返れば、畑を借り始めた頃の私の野菜づくりの知識は、正直、こんなもんだった。サツマイモが、葉っぱが4〜5枚ついたひょろひょろの芽(苗)を土に挿しておくだけで発根してできると知ったのも、何を隠そう農園に通い始めてから。畑仲間からは「小学生の時、授業でやらなかった?」と、たいそう驚かれたものである。
“習うより慣れろ”の精神で野菜をつくり始めて丸4年。いまだ学びの途中で、毎度、マヌケ話ばかりで恐縮しているが、個人的には、何となく野菜ができちゃった時より、できなかった時のほうが、「なぜだ」という疑問が生まれ、探求心が芽生え、結果、発見が多かったように思う。

言われてみれば、たしかに土の上にカブが乗っているように見える 言われてみれば、たしかに土の上にカブが乗っているように見える


>> 1. “習うより慣れろ”の精神で
>> 2. 種まきのコツ
>> 3. 種にはそれぞれ性質がある
>> 4. 子どものような純真な私?

前画面へ戻る
ホームへ