MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
ポタジェの新しい仲間は、黄色いサクランボ!
My GARDEN

My GARDEN
2007 早春号 VOL.41
写真:福岡将之
イラスト:NAOMI
協力:日光種苗株式会社
マイガーデン
●定価1100円(税込)
●マルモ出版
 〒150-0043
 東京都渋谷区道玄坂1-20-1
 大沢ビル5F
 http://www.marumo-p.co.jp/

こまめ
●商品情報 ●スペシャルページ
冬から春の植栽プラン
夏野菜から冬野菜へとガラリと模様替えをした、五嶋直美さんのポタジェ。そこに新しい仲間が加わると聞きつけて、畑日和のある日、さっそくポタジェを訪ねてみました。
太陽のありがたさを実感
NAOMIのポタジェライフ直美さんが、ここ千葉に移り住んでから1年が過ぎようとしています。イラストやガーデンデザインの仕事をするかたわら、週2回の庭仕事は欠かさないというだけあって、ポタジェは1年前とはガラリと違った、いきいきとした表情をしています。
さて、そんなポタジェに黄色いサクランボを植えることになりました。根がしっかりと張るように、土起こしを念入りに行いますが、そこで活躍したのがミニ耕うん機『こまめ』。小さなスペースでも、ぐっとハンドルを握っては軽く前後に動かして、という具合にじょうずに操ると、みるみるうちに深くまでフカフカに耕されていきます。「スコップではここまでできないですね」と、直美さんも嬉しそう。さすがプロだけあって、あっというまに植え付け完了。まわりに春の草花を添えて、賑やかさを演出しました。
そんな直美さんに、最近ひとつの思いが芽生えてきています。
「ここは住宅地なので、秋になると畑が陰になってしまうことがわかりました。日当たりのいい場所と悪い場所では、野菜の育ち方がまったく違うんです。太陽のありがたさを改めて感じました」
もっと日当たりのいい場所へ、さらなる引っ越しも検討中とか。直美さんのポタジェライフは、ますます活発になりそうです。

黄色いサクランボの植え付け
力仕事はパートナーの健人さんが担当。デッキやフェンスも作ってくれる、頼れる相棒です 力仕事はパートナーの健人さんが担当。
デッキやフェンスも作ってくれる、頼れる相棒です

ヒョウタンで作ったオブジェ。中にライトを灯せば、素敵なイルミネーションに ヒョウタンで作ったオブジェ。
中にライトを灯せば、素敵なイルミネーションに

こんな小さなスペースでも、ミニ耕うん機ならOK こんな小さなスペースでも、
ミニ耕うん機ならOK

黄色いサクランボは、春にサクラの花が咲いたあと、初夏に大きくてとっても甘い果実をつけます。楽しみ! 黄色いサクランボは、春にサクラの花が咲いたあと、初夏に大きくてとっても甘い果実をつけます。
楽しみ!

株もとにはチューリップ、ビオラ、ワスレナグサを。球根はポンポンと投げて落ちたところに植えると自然な配置に 株もとにはチューリップ、ビオラ、ワスレナグサを。
球根はポンポンと投げて落ちたところに植えると自然な配置に

間引きをしたダイコンとカブ。葉っぱも元気 間引きをしたダイコンとカブ。
葉っぱも元気

ちょこっと白い頭を出して一列に並ぶカブがとってもかわいい ちょこっと白い頭を出して一列に並ぶカブがとってもかわいい

畑で採れた種を大事に保存。袋にはかわいらしい絵を描いて 畑で採れた種を大事に保存。
袋にはかわいらしい絵を描いて

収穫物で作った保存食。シソのふりかけやユズこしょう、乾燥バジルはとっても便利! 収穫物で作った保存食。
シソのふりかけやユズこしょう、乾燥バジルはとっても便利!

前画面へ戻る
ホームへ