MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
風と光の戯れに、花は笑い、人は輝く
やさい畑

やさい畑 2006年 秋号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する日本で唯一の家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/

ミニ耕うん機「FF300 サ・ラ・ダ」
●商品情報
住宅地の一角、小さな菜園に、夏野菜の苗が植えられるという。その前には、土を耕し、畝立てもしなければならない。さて、どうしたものか-----。今回、東京都の目白大学のキャンパスへ「耕うん機のご出張」と相成った。初体験ずくめのにぎやかな作業の顛末をお伝えしよう。
住宅地の一角、小さな菜園に、夏野菜の苗が植えられるという。
その前には、土を耕し、畝立てもしなければならない。さて、どうしたものか-----。
今回、東京都の目白大学のキャンパスへ「耕うん機のご出張」と相成った。初体験ずくめのにぎやかな作業の顛末をお伝えしよう。
土に触れてごらん。ほら、あたたかいでしょ。
土に触れてごらん。ほら、あたたかいでしょ。
都心の住宅地に、緑の樹木に囲まれて目白大学短期大学部はあった。キャンパスに隣接する小さな菜園からは、にぎやかな声が聞こえてくる。その声の主こそ、生活科学科園芸ライフデザインコースのガーデニング実習を受講する学生たちと大出英子先生だ。
「ハーイ、みんなよく聞いて。今日はこの耕うん機を使って土を耕し、野菜の苗を植えます。順番に体験して、土の感触を確かめてごらんなさい」と先生。
このコースでは、暮らしの中に季節の花をとり入れることで心を豊かにし、生活に彩りをもたせるねらいがある。さらにはエコロジーや生態系にまで視野を広げ、花や緑とふれあう中で「考える知恵」を身につけさせることを主眼にしている。
「とにかく楽しいことに引きずりこんでやれ、くらいの気持ちで彼女たちには臨んでいます。花や緑、野菜などに触れる生活は、研究室や教室の中では絶対に味わえない新鮮な驚きや発見、喜びがありますから。」

初体験の耕うん機は意外やおもしろい。
初体験の耕うん機は意外やおもしろい。
耕うん機は初めてという学生ばかりだったが、コツさえのみこんでしまえば簡単。しっかりと機械ががサポートしてくれる。その日、活躍したのは、小さな都会の菜園には、ぴったりのミニ耕うん機『ホリデーFH220』と今人気の『サ・ラ・ダFF300』だ。音も静かなので、閑静な住宅地でも気がねなく、効率よく安全に使用できる。最初硬そうに見えた土も、気がつけばふわふわベッドに変わっていた。
去年は人力で耕したので、今年は楽ができました、と先生。
耕うんの後は、みんなでナス、ピーマン、オクラの苗の定植だ。慣れない手つきだが無理もない。これも初体験である。コガネムシの幼虫のおでましには、悲鳴も聞こえたが、それもだいじな体験である。
「彼女たちには入学したときから、土いじるよ、虫いるよ、と言ってきたので抵抗はないと思います。将来、花屋さんなどの園芸関係の仕事にという目的意識ももっています。また、菜園での実習を通して、生命を育む野菜を自らの手で育てるたいせつさや難しさを学んでほしい」
学生よりも機敏に、若々しくてきぱきと動き回る大出先生。午後の課外授業は、学生たちの明るい歓声に包まれていた。そのそばでは、先輩たちが育てたガーデニングの花々が、そよ吹く風にほほえみ、にぎやかな菜園での一こまを見守っていた。

初体験ずくめのにぎやかな作業

「グリーン培土器」(オプション)をセットすれば畝立ても楽々 「グリーン培土器」(オプション)をセットすれば畝立ても楽々

『サ・ラ・ダ』は自走式なので力もいらず、操作が簡単 『サ・ラ・ダ』は自走式なので力もいらず、操作が簡単

『FH220』は耕うんから管理作業まで幅広い用途に対応するオールラウンダー 『FH220』は耕うんから管理作業まで幅広い用途に対応するオールラウンダー

前画面へ戻る
ホームへ