MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
バラをわが家の庭に植える。自由にデザインし広がる楽しみ。
NEW ROSES

NEW ROSES 2006
ローズブランドコレクション
NEW ROSES
●定価1050円
●(株)産經新聞メディックス
 〒105-6104
 東京都港区浜松町2-4-1
 世界貿易センタービル別館
 http://www.sankeimedix.co.jp/

【ミニ耕うん機】
●商品情報

スタイルに合った種類を選ぶ

海外では、ガーデンスタイルのさまざまな場面でバラが活躍する。ブッシュローズを玄関の入り口脇や出窓の前に植えたり、ローズベッド(花壇)にしたりする。草花などの混植で活躍するのは主にシュラブローズだ。
ベッド(花壇)にはブッシュローズ。手前はFL「イントゥリーグ」、奥は「ゴールド バニー」
Rose Bed
ベッド(花壇)にはブッシュローズ。
手前はFL「イントゥリーグ」、奥は「ゴールド バニー」

ボーダーガーデン(境際花壇)での草花との混植はよく知られ、「ポタジェ」(装飾菜園)では菜園の周囲やポイントをバラが彩る。
ジギタリスやデルフィニウムなど草花とバラが一体となって咲き誇る、「絵」のようにみごとな光景-----ボーダーガーデンは、花や葉の色のカラースキームに基づき、かたちや大きさ・質感、樹形や高さ・株幅などを計画し植栽が行われる。宿根草中心だと「ペレニアル・ボーダー」、樹木が加わると「ハーベイシャス・ボーダー」と呼ぶ。
草花との混植にはシュラブローズを。ジギタリス、ヘリクリサムと、HMsk「ラベンダーラッシー」
Border Garden
草花との混植にはシュラブローズを。
ジギタリス、ヘリクリサムと、HMsk「ラベンダーラッシー」

ポタジェは野菜を中心としたガーデン(菜園)スタイル。野菜や食用ハーブの葉の色やかたち、高さや株幅、そして成育などを考えて配置する。
こういった本格的ガーデンスタイル、ある程度広い場所がないと実現しにくい。しかしその要素をうまく取り入れれば、日本の狭い庭でも十分楽しむことができる。バラは花壇のもの、野菜は畑のものと型にはまらず、好きな植物を自由に植えて楽しむことが大切だ。バラや草花に加え葉の色やかたちが美しい野菜を植えれば、デザイン的に変化が出るだけでなく、「見る」「育てる」楽しみに、「食べる」楽しみも加えることができる。
バラと野菜のミニポタジェ
Potager
バラと野菜のミニポタジェ
バラが“菜園の王者”のような存在感を発揮。
ER「ブラザー カドフィール」が紫キャベツ数株の中心に。コロコロしたやさしい印象の花が、紫の硬い質感の葉に映える。
ブラザー カドフィールは、同名のイギリスの推理小説(エリス・ピーターズ作)の主人公で、ハーブ・薬草などに精通し、難事件を次々に解決する太った老修道士の名前。イギリスではTVでも放映され人気を呼び、日本でも翻訳され文庫本で出版されている


>> 1. スタイルに合った種類を選ぶ
>> 2. 小型耕うん機で土づくり作業がラクに

前画面へ戻る
ホームへ