MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
週末は子どもといっしょに野菜づくり。早く大きくなーれ!
My GARDEN

My GARDEN
2006 春号 VOL.38
写真:福岡将之
文:石川祐子
マイガーデン
●定価1100円(税込)
●マルモ出版
 〒150-0043
 東京都渋谷区道玄坂1-20-1
 大沢ビル5F
 http://www.marumo-p.co.jp/

【ミニ耕うん機】
●商品情報
多美以ちゃんと洋くん、今日の仕事は野菜の苗の植えつけ。2人とも土いじりが大好き
多美以ちゃんと洋くん、今日の仕事は野菜の苗の植えつけ。2人とも土いじりが大好き
空閑(くが)さんの家族は自然が大好き。
花だけでなく果樹や野菜も取り入れた、ポタジェ(Potager)スタイルの庭づくりを楽しんでいます。
自慢のとれたて野菜を使って、“おいしい生活”も満喫中です。
子どもたちが、野菜を好んで食べるようになりました
ポタジェのある暮らし千葉県の外房を近くに控えたのどかな畑地帯。川沿いにあるしゃれた洋風の佇まいが空閑さんのお宅です。ガーデンの設計・施工、雑貨の販売を行う『プレジャーガーデン』という会社をご夫婦で経営しているだけあって、管理の行き届いた前庭では、可愛い草花が出迎えてくれます。さらに、広い敷地の裏庭は菜園になっていて、ジャガイモやチンゲンサイなどがすくすくと育っていました。
菜園はご主人の提案で、2年前から始めました。いまでは、二人の子供たち、多美以ちゃん、洋くんが野菜づくりに熱心だとか。植えつけ、収穫のお手伝いも手慣れたもの。「トマトの収穫期には、学校から帰ると裏庭に直行。つまみ食いしてます(笑)」と利奈さん。
今日はHonda・ミニ耕うん機を利用して、春野菜用の畑の準備です。もとは竹藪だった土地を切り開いてつくった畑は、土壌が固いのが困りもの。でも「耕うん機だと、土を耕すのがラクですね」と利奈さん。フカフカになった土に、スティックブロッコリーとレタスの苗を植えて、あとは春の収穫を待つばかりです。

固い土でも、あっというまに柔らかくするHondaパワー。すぐに耕せるから、忙しい空閑さんにもぴったり 固い土でも、あっというまに軟らかくするHondaパワー。
すぐに耕せるから、忙しい空閑さんにもぴったり

多美以(タミイ)ちゃん8歳と洋(ヒロ)くん6歳。ケンカもするけど大の仲よし 多美以(タミイ)ちゃん8歳と洋(ヒロ)くん6歳。ケンカもするけど大の仲よし

家族の一員、コタロ。洋くんと同じ6歳です 家族の一員、コタロ。洋くんと同じ6歳です

この日はジャガイモが収穫できました! この日はジャガイモが収穫できました!

耕した土にスティックブロッコリーとレタスの苗を植えて完成 耕した土にスティックブロッコリーとレタスの苗を植えて完成

ときにはテラスで食事。スローフード、スローライフを楽しんでいる空閑さん一家。羨ましいですね ときにはテラスで食事。
スローフード、スローライフを楽しんでいる空閑さん一家。羨ましいですね

調理の腕を振るうのは利奈さんの母、百合子さん。とれたて野菜を差し入れです 調理の腕を振るうのは利奈さんの母、百合子さん。とれたて野菜を差し入れです

ランチは畑でとれた野菜をふんだんに使って。ホウレン草入りスパニッシュオムレツ、チンゲン菜のクリーム煮、サーモンのワイン蒸と温野菜、そして柿とホウレウ草のわさび和え。ヘルシーでボリュームも満点 ランチは畑でとれた野菜をふんだんに使って。
ホウレン草入りスパニッシュオムレツ、チンゲン菜のクリーム煮、サーモンのワイン蒸と温野菜、そして柿とホウレウ草のわさび和え。
ヘルシーでボリュームも満点

ナチュラルな雰囲気を好む利奈さんの庭は、野原にいるような自然な雰囲気。白のストックも咲いていました ナチュラルな雰囲気を好む利奈さんの庭は、野原にいるような自然な雰囲気。
白のストックも咲いていました

敷地内にある『プレジャーガーデン』のショップ。利奈さんはガーデンデザイナーとして、庭づくりの相談に応じています 敷地内にある『プレジャーガーデン』のショップ。利奈さんはガーデンデザイナーとして、庭づくりの相談に応じています

畑隣に咲いていたバラ、ノックアウト 畑隣に咲いていたバラ、ノックアウト

前画面へ戻る
ホームへ