MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
スイスでも耕うん機が大活躍ここで育ったゴボウのおいしいこと!
My GARDEN

My GARDEN
2006 早春号 VOL.37
写真:間瀬 明
マイガーデン
●定価1100円(税込)
●マルモ出版
 〒150-0043
 東京都渋谷区道玄坂1-20-1
 大沢ビル5F
 http://www.marumo-p.co.jp/

エシシャンの村はとにかく気持ちがいいところ。清々しい風景の中での野菜づくりは、誰もが憧れる。「畑仕事はおもしろいよ」と間瀬さん
エシシャンの村はとにかく気持ちがいいところ。清々しい風景の中での野菜づくりは、誰もが憧れる。「畑仕事はおもしろいよ」と間瀬さん
F1カメラマン、間瀬明さんがスイスで野菜づくりを始めて3年目の今年。念願のゴボウもおいしく育ちました。
根菜類の深い深い土おこしを助けてくれるのは、耕うん機の力。
「土づくりがいちばん大切ですからね」
ゴボウのために、深さ1メートルの土おこし
スイス西部の街モルジュの隣に、エシシャンという小さな村があります。ここから街を見下ろすと、レマン湖の向こうにはモンブラン山頂が。周囲のブドウ畑は豊かな風景をつくり出しています。35年以上にも渡って、F1グランプリとともに世界中を駆けめぐってきた写真家・間瀬明さんが、自分自身の時間を持てるようになったとき、始めたことは、この美しい村で日本の野菜を育てることでした。知っていますか? スイスの野菜づくりは、土を深く掘ってやわらかく耕すということをしないのだそうです。地下1メートルもの深さまで達するゴボウはそもそも食さないし、ヨーロッパでダイコンといえば、二十日大根のこと。深く耕す必要がないのです。
日本のゴボウを育てたい間瀬さんにとっては、1メートルの深さまで土を掘るのは大変だけど大切な仕事。連作障害を避けるには、スイスでは一度育てた場所には5〜7年間は植えられないため、4つに区切った畑をさらに半分ずつ使いわけながら、毎年植える場所を変え、そのたびに深く深く掘るのです。上へ伸びる野菜を育て、土が固いことなど問題にしない畑の先生、アルフレッドさんは、「なぜこんなに土を掘るの?」と不思議顔だったそうです。
「深く掘るには、表面の土を一回外に出して、その下をやわらかくしてからもとに戻す。腰が痛くなるし、「重労働」と間瀬さん。そんなときの土おこしは耕うん機が大活躍。ゴボウやダイコンの土づくりがとてもラクになりました。「エンジンが最高」と選んだホンダパワーは、音も静かでまっ赤な色もお気に入りだとか。たい肥もたっぷりすき込んで、そのお陰もあって、固かった土にミミズがだいぶ増えてきました。
「おじさんに『いい土になってきたね』と言われたときは、最高にうれしかったね」

自分で育てたゴボウは、日本で買うものと、ひけをとらない味のよさ。「炊き込みごはんがすごくおいしい。きんぴらにしても最高だよ」 自分で育てたゴボウは、日本で買うものと、ひけをとらない味のよさ。「炊き込みごはんがすごくおいしい。きんぴらにしても最高だよ」
畑のまわりにはバラもコスモスが咲き、野菜も花も一緒に育てるポタジェスタイルの間瀬さんの畑。奥様の和子さんは、切った花をお部屋に飾ることも 畑のまわりにはバラもコスモスが咲き、野菜も花も一緒に育てるポタジェスタイルの間瀬さんの畑。奥様の和子さんは、切った花をお部屋に飾ることも
畑仲間のアルフレッドさんは89歳で、元庭師。まん中はデルサートさん、86歳。デルサートさんの奥様、リリーさんもご招待して、間瀬邸のテラスでランチ 畑仲間のアルフレッドさんは89歳で、元庭師。まん中はデルサートさん、86歳。デルサートさんの奥様、リリーさんもご招待して、間瀬邸のテラスでランチ
キンピラゴボウは、間瀬家のスイスの食卓でも定番メニュー キンピラゴボウは、間瀬家のスイスの食卓でも定番メニュー
秋の最後の実り、ポワーローネギはジャガイモと炒めてソーセージのつけ合わせに 秋の最後の実り、ポワーローネギはジャガイモと炒めてソーセージのつけ合わせに
おおきく育ったセロリ。「いやいや、これはまだ初期のころ。これよりはるかに立派なのがとれたよ!」 おおきく育ったセロリ。「いやいや、これはまだ初期のころ。これよりはるかに立派なのがとれたよ!」
野菜のまわりに、コンパニオンプランツのマリーゴールドを植えて。害虫防除に役立つ 野菜のまわりに、コンパニオンプランツのマリーゴールドを植えて。害虫防除に役立つ
細長い枠が4列並んだ間瀬さんの畑も、小回りがきく耕うん機なら旋回がラク。ちなみに間瀬さんが使用しているのはヨーロッパ仕様の機種 細長い枠が4列並んだ間瀬さんの畑も、小回りがきく耕うん機なら旋回がラク。ちなみに間瀬さんが使用しているのはヨーロッパ仕様の機種

前画面へ戻る
ホームへ