MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
Xmasイルミネーションはひと味違った手作りオーナメントで
サンスポ日曜版
●(株)産經新聞メディックス
 〒105-6104
 東京都港区浜松町2-4-1
 世界貿易センタービル別館
 http://www.sankeimedix.co.jp/

【インバーター発電機】
●商品情報



【インバーター発電機】
●商品情報

クリスマスを中心に、いまやすっかり冬の風物詩となったイルミネーション。 ツリーに、門扉に。商業施設だけでなく、一般家庭でも年々盛んになっている。
ツリーだけでなくオーナメントを手作りし電飾を施すと、“ひと味違った”雰囲気を演出できる。


木工のトナカイが冬の夜を演出
電飾を施した手作りの木工トナカイ。
電飾を施した手作りの木工トナカイ。
玄関周りをぐっとおしゃれに演出。
「なんて素敵でしょう!」「これはどうやって作ったんですか?」道行く人が次々と声をかける。ここは、横浜市鶴見区の住宅街の個人宅。注目を集めているのは、玄関先の電飾を施した木製のトナカイだ。
白をはじめ、赤や青の光の波が、木枯らしの吹きすさぶ深い闇の中に、ひとときのやすらぎを与える-----街で、住宅街で、ツリーなどに施されたイルミネーションは、いまやすっかり年末年始の風物詩になった。かつてはクリスマスを目指して12月に入ってからはじまりクリスマスと同時に終わっていたが、年々電飾が施される期間は長くなってきた。11月初旬から1月いっぱいまで2ヵ月間にわたって電飾を行う商業施設や家庭も増えた。
飾られるのはクリスマスツリー。モミノキ(ドイツトウヒ)が代表的だが、最近は家にあるゴールドクレストなどコニファー類に飾る人も多い。
加えて最近流行のきざしを見せているのが、ツリーだけでなく手作り木工品に対する電飾だ。「清里や小淵沢など行楽地のペンションや商業施設に行くと、大きな木工のトナカイやイヌにイルミネーションを施している場面をよくみかけます。木の持つ自然な雰囲気があたたかい」とガーデニング雑誌編集者のKさん。
家庭でも木工品の電飾ひとつで、家の周りはぐっとおしゃれに。シーズン外は電飾をはずしても立派なガーデンオーナメントとして楽しめる。
木工のイヌ今年の冬は、オーナメントを手作りし電飾を施して、“ひと味違った”冬の夜を、長く楽しもう。

手軽なライトセット
手軽なライトセット 手軽に飾れる電飾セットが増えてきた。乾電池で使えるものから家庭電源AC100ボルトでOKのものも多い。電球数や長さでタイプはさまざま、色は白から青、赤や緑が混じったものまで、かたちもシンプルな電球から星形、人形のかたちまである。白熱球のライトが50球、長さ8m、点灯と点滅の2段に使える直列方式の最もシンプルなもので約1000円。クリスマス用品売場で手に入る。使用にあたっては、イルミネーションの点検や電源周りの漏電防止対策など安全に十分注意しよう。


>> 1. 木工のトナカイが冬の夜を演出
>> 2. さまざまなクリスマスツリー
>> 3. 電動工具をポータブル発電機につないで簡単に

前画面へ戻る
ホームへ