MENU

HONDA

検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 36
保育園用の食育畑で、ダイコンの畝間を耕す寛子さんと夫の覚さん。食育の一環で、近々、園児たちと一緒に案山子(かかし)をつくろうと計画中
保育園用の食育畑で、ダイコンの畝間を耕す寛子さんと夫の覚さん。食育の一環で、近々、園児たちと一緒に案山子(かかし)をつくろうと計画中
茨城県古河市 秋庭寛子さん
1985年生まれ。
埼玉県久喜市出身。文化女子大学卒。畑歴2年。
OL時代にハーブと出会い、「Herbal Forest」の川栄恵氏の下で学ぶ。ビーガンレストラン『アインソフ』 銀座店に勤務。その後、2013 年に結婚。家族は夫と3歳、2歳の男の子。
https://www.facebook.com/AKIBA.noen/
夫は米農家の17代目。
ハーブ、料理。夫婦それぞれの キャリアとセンスを生かし、農園の再生に向かって歩み始めた耕す女子を紹介します。
夫の故郷に移住し農業を

「ミントって、じつは300種類くらいあるんですよ。アイスドリンクに合うミント、アイスクリーム によく使われるミント・・・。これは、キューバ原産の”イエルバ・ブエナ”。カクテルの”モヒート”に使われるミントで、バーやレストランなどに定期的に送っています」

今回の耕す女子、「秋庭農園」の秋庭寛子さんは、ハーブティーブレンダー。銀座のレストランで働いていた27歳の時、同じく銀座界隈のレストランで料理人として働きながら、 実家の畑で野菜づくりをしていた覚(さとる)さんと出会い、縁あって結婚。本格的に農業に取り組むため、2014年、覚さんの故郷である茨城県古河市に家族で移り住み、16年4月、夫婦そろって新規就農した。

今は17代続く米農家である覚さんの実家を拠点に、計5町4反(※)の田畑で米、ブロッコリー、ズッキーニをメインに栽培。寛子さんが担当する ハーブ畑は、全体からするとごくわずか。今後、少しずつ顧客を増やしながら畑を広げていく計画だ。 農業のかたわら、2人が力を入れている取り組みの一つが、保育園児から大学生までを対象にした食育活動だ。ハーブ畑の向かいが保育園用の食育畑になっており、見ると、ダイコンやカブの青々とした葉が生い 茂っている。

「今は4つの保育園の園児たちが定期的に畑にやって来ます」と、寛子さん。収穫した野菜を園に持ち帰って食べたり、野菜にまつわる絵本の読み聞かせをしてもらったりと、五感を育みながら、幅広く農に親しんでもらう場にしているという。

ダイコンの畝間を耕すため、寛子さんがガスパワー耕うん機「ピアンタ」のエンジンをかけた。

ピアンタは、翼が生えているかのような手軽さがいいですね。女性は臭いとかが気になってガソリンを扱うのがイヤだから、燃料がカセットボンベなのもうれしいです」 子どもたちが収穫にやって来る日を心待ちにしながら、軽やかに畝間を耕し、草も退治していく。

実際に畑仕事を始めたら、頭で考えていた農業とは全然違った。「アンチ除草剤なんて気軽に言えなくなった」
実際に畑仕事を始めたら、頭で考えていた農業とは全然違った。「アンチ除草剤なんて気軽に言えなくなった」
「ピアンタ」は移動タイヤが標準装備で、畑までの移動もラクラク
ピアンタ」は移動タイヤが標準装備で、畑までの移動もラクラク
現在販売しているハーブは十数種。下段左から2番目がイエルバ・ブエナ。義母の恵美子さんがもともと庭先で育てていたものもたくさんある
現在販売しているハーブは十数種。下段左から2番目がイエルバ・ブエナ。義母の恵美子さんがもともと庭先で育てていたものもたくさんある
寛子さんがブレンドしたハーブティー3種。北欧風のパッケージはプロのデザイナーに依頼
寛子さんがブレンドしたハーブティー3種。北欧風のパッケージはプロのデザイナーに依頼
木曜がハーブの出荷日。レストラン時代のつながり、口コミ、 SNSなどで、少しずつ顧客が増えてきた
木曜がハーブの出荷日。レストラン時代のつながり、口コミ、 SNSなどで、少しずつ顧客が増えてきた
母屋の前に建つ3棟のビニールハウスのうち、1棟を農園のイベント用に使用。ハウスの中で食事やお茶をいただくことも
母屋の前に建つ3棟のビニールハウスのうち、1棟を農園のイベント用に使用。ハウスの中で食事やお茶をいただくことも



うかたま

うかたま
2017 Vol.49
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ピアンタ FV200