MENU
HONDA
検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 34
小型耕うん機「パンチF503」でトマト苗を植えるための畑を耕す梨奈さん
小型耕うん機「パンチF503」でトマト苗を植えるための畑を耕す梨奈さん
埼玉県鳩山町 安住梨奈さん
1986年、埼玉県鳩山町生まれ。
畑歴9年。阿佐ヶ谷美術専門学校卒。2008年より各地の農園で研修を受け、翌年1月から1年間、埼玉県小川町の有機農場「霧里農場」で研修生となる。2010年1月に農園「tackfarm」をオープン。
http://ameblo.jp/tackfarm/
虫が苦手、日焼けも嫌。
でも、お世話になった祖父母の役に立ちたくて農の世界に。
農業を持ち前のセンスで、おしゃれに演出する耕す女子を紹介します。
祖父の畑で農業を

「穏やかな春の日の午前9時。眺めのいい畑の片隅に建つ小さな小屋で、安住梨奈さんが、その日に配達予定の野菜セットの仕分け作業に精を出していた。
作業台には、ジャガイモや小松菜などの馴染みのある野菜をはじめ、黒キャベツやスイスチャード、のらぼう菜といった、市場にはあまり出回らないような野菜が並んでいる。
梨奈さんは、それらの野菜を新聞紙で丁寧に包み、配達用のかごに詰めていく。聞けば同じ金額のセットでも、お客さんの好みに合わせて内容を少しずつ変えているという。
「配達に行った時の何気ないおしゃべりから、その人の好みの野菜がわかったりする。今の季節は葉物が中心。好きな人には葉物を多めに入れるけど、芋類が好きな人には、葉物は減らしてお芋を少し多めに入れたり。自分で配達するのは手間だけど、お客さんとつながって、直接声を聞けるのが楽しいです」
埼玉県中部に位置する鳩山町。梨奈さんの農園「tack farm」は、町の西部に広がる農村地帯にある。耕作しているのは母方の祖父の農地。自宅のある町の東側のベッドタウンから、毎日、車で6〜7分の農園に通っている。
計2町弱ある畑では、化学肥料を使わず、年間70種類もの野菜やハーブを育てている。畑の一角に山積みにした木の剪定チップを2年間寝かせて堆肥にし、もみ殻と一緒に畑にすき込み、土をつくる。
ちょうど夏野菜の準備をする季節。トマトの苗を植える畑を、小型耕うん機「パンチF503」で耕した。
パンチは、家庭菜園はもちろん、農業を仕事にしている私にとってもサイズ的にちょうどいいし、しっかり耕せる。ハウスや小さな畑でも手軽に使えるのがいいですね」
色白で細身の梨奈さんだが、一人でもくもくと土に向かう作業が好きだとか。「休憩するとかえって疲れるので」、お昼ごはんは先に延ばし、一気に畑仕事を片づけてしまうのが、梨奈さん流の慟き方だ。

※1町=10反、3000坪。約10000m2

移動タイヤ(別売)を取り付ければ、畑までの道のりや、畑での移動もラクラク
移動タイヤ(別売)を取り付ければ、畑までの道のりや、畑での移動もラクラク
耕うん機でトマト用のうね立て作業。アタッチメントの培土器(別売)があれば、きれいなうねがあっという間に
耕うん機でトマト用のうね立て作業。アタッチメントの培土器(別売)があれば、きれいなうねがあっという間に
  • ハウスで葉物類を収穫。最近は無肥料での栽培に挑戦中。「そのせいか、苦手な虫があまりつかなくなりました!」
    ハウスで葉物類を収穫。最近は無肥料での栽培に挑戦中。「そのせいか、苦手な虫があまりつかなくなりました!」
配達用の野菜を調製して仕分ける。お客さんは現在、宅配を含め50軒ほど。平日は毎日配達に出る。「9割くらいの方の顔はわかります」
配達用の野菜を調製して仕分ける。お客さんは現在、宅配を含め50軒ほど。平日は毎日配達に出る。「9割くらいの方の顔はわかります」

  • 自家製の植物性の堆肥を畑に入れる。米づくりは夏野菜の作業との両立が難しく現在お休み中
    自家製の植物性の堆肥を畑に入れる。米づくりは夏野菜の作業との両立が難しく現在お休み中


うかたま

うかたま
2017 Vol. 47
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

パンチ F503