MENU

HONDA

検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
【もっと快適!菜園生活のパートナー】小規模農業再生のモデルをつくりたい。
異才の農業プロデューサー、山下ー穂さん
高知県の「山下農園」は規模こそ大きくないが、今では全国各地の有機野菜ファンに広く知られた存在。
若き日、東京でドラマーとして活躍後、郷里の高知に戻り、学習塾講師を経て農業を始めた。
そんな異才の農業プロデューサー、山下ー穂さん。
見目麗しく美味しい野菜を作って、小規模農家がしっかり自立できる農業を追究している。
ハイクオリティーな農業

山下一穂さんは高知県本山町を拠点に、安全・安心な野菜をネットや、首都圏の大手百貨店や自然食品スーパーでも販売している。
「小規模農業の再生には、匠の技を取り込んだ技術力の向上が必要です。膨大な数の小規模農家がおるはずで、総量はものすごい量になる。地方の生産力と都市部の消費力、この2つをマッチさせればいいわけです。
クオリティーアップの声に向けて、小規模だからできる高品質な農業を進めていけば、消費者が求める多様な価値観に適った農業が確立できるのではないですか」
そんな考えのもと、約3へクタールの畑で少量多品種の野菜を奥様とスタッフとともに栽培する。また同時に、山下さんの農業スタイルに関心をもつ就農者には自らの経験を通じて得た、勘、さらに労働の質の大切さを説いてきた。
「一つひとつの仕事がきれいで早いこと」を徹底させる。作業効率を重視しながら、プロとしての自覚を促す。

  • 耕うんも移動もカンタンに
    耕うんも移動もカンタンに
    大径タイヤ装備の自走式で作業も移動もカンタン。作業終了時の移動も手間がかかりません。
耕うんと畝立てを美しく

そして、労働の質の向上にひと役買っているのが、小型耕うん機「サラダFF500」だ。正逆転ロータリーシステムでしっかりときれいに耕やせ、移動もスムーズ。山下農園では現在3台のサラダが活躍中。耕うんは100〜300坪の畑向き。大小様々な畑が点在する山下農園に最適な機種と言えよう。
山下さんに耕うんの印象を聞くと「パワフルさと技を併せ持ち、膨軟感のある土をよい状態にキープしてくれます。自走式なので力いらずでラクだね」と名アシストぶりと体への負担軽減を強調された。普段は汎用管理機を使って敵立て、耕うんなどの作業を行っているが、今回サラダで畝立て等を挑戦してみた。思った以上の美しい敵の仕上がりに、山下さんもにっこり。
野々下農機商会の野々下武史さんは、山下農園にホンダの汎用管理機とサラダを販売した。年間約70品目の野菜栽培と30筆の畑の耕うん作業にオフはない。耕うん機もタフでなければ務まらないということだろう。
シニア世代や女性菜園家から支持されてきたサラダ。厳しい目にさらされるプロ仕様としても存在感を十分示してくれた。

やさい畑

やさい畑
2016年 秋号
文●鑓田浩章
写真●福地大亮
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価905円
●(社)家の光協会
〒162-8448
東京都新宿区市谷船河原町11
http://www.ienohikari.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ」 FF500