MENU
HONDA
検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 32
ミニ耕うん機「こまめ」で畑を耕す見和さん。長女の唄央ちゃんが、機械での耕うん作業に初挑戦のママを応援
ミニ耕うん機「こまめ」で畑を耕す見和さん。長女の唄央ちゃんが、機械での耕うん作業に初挑戦のママを応援
山梨県北杜市 宇佐美見和さん
1982年東京生まれ。 畑歴は1年8カ月。武蔵野美術大学卒業後、デパート勤務を経て2007年、学生時代から交際していた達也さんと結婚。2013年2月に山梨県北社市へ移住し、農家になる。夫と1男2女の5人暮らし。
うさみファームHP: http://usamifarm.com
夫が選んだ仕事は思いもよらぬ農の道。南アルプスの懐で畑仕事をゼロから学び、家族の食を支える耕す女子を訪ねました。
都会から移住して始めた農業

本当にこの先に畑があるのだろうか・・・。国道から脇道に入り、細い砂利道を少し心細い気持ちで上っていくと、雑木が生い茂る山の麓に小さな畑が見えてきた。なだらかな斜面に切り拓かれた段々畑は、手入れが行き届いて美しく、幾種類もの野菜やハーブがすくすくと育っている。
オーバーオールにお団子ヘア姿で出迎えてくれたのは、宇佐美見和さんだ。4年ほど前に東京から家族そろって山梨県北社市に移住。その後、夫・達也さんの2年間の農業研修を経て2015年、南アルプスの山々が見渡せるこの場所で「うさみファーム」をオープンした。元々は田んぼだった耕作放棄地をコツコツと開墾して整地した畑は、現在おそよ3反。今なお開墾を続行中だという。
生まれも育ちも東京で、農業とは縁なく生きてきた見和さんだが、今は3人の子育ての合間に、達也さんに教わりながら、農作業に精を出す。
「種まきや定植、草取り、種採り、出荷の作業が私の主な役割です。種まきってドキドキしますよね。小さな種から芽が出てきた時は、"ありがとう!"って気持ちになる」
そんな見和さんが、この日は、農業機械に初挑戦。ミニ耕うん機「 こまめ」を使い、ジャガイモを掘り上げたあとの畝(うね)を耕した。最初のひと畝こそ緊張の面持ちだったが、すぐに慣れてきた様子で笑顔で話す。
「すごく軽くて、農業機械を使ったことがない私でも、あっという間に使いこなせた!やっばり機械は仕事が早いですね?。"こまめ"は見た目もとってもかわいいです」
泥遊びしていた長女の唄央(うたお)ちゃん、次女の木菊(きく)ちゃんがやって来て一緒にお茶タイム。真正面に雄大な南アルプスの鳳凰三山を仰ぎ見ながら、手づくりの小松菜クッキーとしそ茶をいただく。なんとも心地よい時間が流れていく。

左/新しい「こまめ」は、移動用タイヤ(別売)がサッと取り付けられ、手押しで運べる。右/開墾予定の畑の笹竹を達也さんが刈払機で退治。初夏に一度刈った場所で、冬に根っこをユンボで掘り返し、整地してやっと畑に
左/新しい「こまめ」は、移動用タイヤ(別売)がサッと取り付けられ、手押しで運べる
右/開墾予定の畑の笹竹を達也さんが刈払機で退治。初夏に一度刈った場所で、冬に根っこをユンボで掘り返し、整地してやっと畑に
農園で採れたゴボウの種。種採りは見和さんの大切な仕事
農園で採れたゴボウの種。種採りは見和さんの大切な仕事
左/畑好きの長男・太逞くんが種採り用のズッキーニの収穫のお手伝い。右/娘2人と一緒にタマネギ苗の草取り。「畑に来ると、大地のパワーで元気になれます」
左/畑好きの長男・太逞くんが種採り用のズッキーニの収穫のお手伝い
右/娘2人と一緒にタマネギ苗の草取り。「畑に来ると、大地のパワーで元気になれます」
「こちらに来てから、周りの人たちに本当によくしてもらっています。農業に真摯に取り組むことで恩返しがしたい」と、見和さんと達也さん
「こちらに来てから、周りの人たちに本当によくしてもらっています。農業に真摯に取り組むことで恩返しがしたい」と、見和さんと達也さん



うかたま

うかたま
2016 Vol. 45
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

こまめ F220