MENU

HONDA

検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
幅広い農作業のニーズに応える扱いやすさとパワー
低重心+大径タイヤを装備した自走式の「サ・ラ・ダFF500」。軽い力でまっすぐにしっかりと耕すことができる。
低重心+大径タイヤを装備した自走式の「サ・ラ・ダFF500」。軽い力でまっすぐにしっかりと耕すことができる。
千葉県佐倉市で「少量多品目」で季節の野菜を無農薬で生産、販売している丹上徹さん・亜衣さんご夫妻。
さらに使いやすさを追求した最新の「 サ・ラ・ダFF500」と「こまめF220」の使い心地を試していただいた。

東京近郊のベッドタウンであり自然の緑や田畑も広がる千葉県佐倉市。ここで野菜農家を営む丹上徹さん・亜衣さんご夫妻は新規就農4年目の若手農家。徹さんの実家も千葉市の農家だが、自力でやってみたいと独立。一方の亜衣さんは就活中に参加した農業法人のインターンで農業を生業とする生き方に魅力を感じ、お互い農業研修をする中で知り合ったという。お二人が経営する「結び合い農園」では、四季を通じて季節の野菜50品目以上を生産し、ジュースやジャムなどの加工品とあわせて、地元を中心に販売もしている。
「僕らの作る野菜を地元の人に食べてもらうことでお互いに利益になるし、地域にも貢献できる。それを目指して始めて、今できるようになった。今後も地元に根ざした農業を続けていきたい」と徹さん。「当初、お客さんは主に年配の方でしたが、近頃は子育て世代の若い方も増えてきました。そんな食を意識する若い人たちにも食べてもらいたい」と亜衣さん。
そう語るお二人に新型「 サ・ラ・ダFF500」と「こまめF220」の2台を試してもらった。低重心に配置したエンジンと正逆転フロントロータリーシステムで優れた安定性と、深く力強い耕うんを実現した「サ・ラ・ダFF500」。

  • 握り位置を自由に選べるループハンドルに、補助バーを採用。手を挟みにくい安心設計だ。
    握り位置を自由に選べるループハンドルに、補助バーを採用。
    手を挟みにくい安心設計だ。
  • フロント車輪アーム部の操作レバー1本で、移動から耕深設定まで簡単に調整できる。
    フロント車輪アーム部の操作レバー1本で、
    移動から耕深設定まで簡単に調整できる。

「とても安定していてスムーズ。腕への負担もなく扱いやすいです。今日は土も湿っていますが、耕深設定を深くしても軽く感じました」と亜衣さん。直進・旋回もレバー1本で切り替えでき、小柄な亜衣さんも楽々と取り回していた。
こまめF220」はコンパクトながらパワフルな耕うん力とアタッチメントの組み合わせでさまざまな場所での幅広い作業に対応。「コンパクトでもローター幅が広く耕幅が広いので、しっかり耕うんできますね。小回りが利くので家庭菜園はもちろん、ここでも作物と作物の間の狭い所の作業など活躍してくれそうです」と徹さん。
少数多品目の農業に取り組む丹上さんご夫妻。「 サ・ラ・ダFF500」と「こまめF220」の優れたパワーと操作性は、さまざまな農作業のシチュエーションで力を発揮してくれそうだ。

TURNS [ターンズ]

TURNS [ターンズ]
2016 12月号 Vol.20
文●鹿島文俊
撮影●服部希代野
●定価880円
●株式会社 第一プログレス
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館ビル9F
http://www.turns.jp/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ」ff500

ミニ耕うん機「こまめ」 F220JT