MENU
HONDA
検索
トップへ
パワープロダクツ・ドキュメント
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
Happy Garden Life ガーデンライフ in 矢板
元は草ぼうぼうでカチカチの赤土だったが、定期的に堆肥や燻炭を混ぜることで、フカフカの豊かな土に。「ホンダのガスパワー耕うん機『ピアンタFV200』を使えば、狭いスペースでも小回りが利くので私でもラクラク作業ができます」と幸恵さん
元は草ぼうぼうでカチカチの赤土だったが、定期的に堆肥や燻炭を混ぜることで、フカフカの豊かな土に。「ホンダのガスパワー耕うん機『ピアンタFV200』を使えば、狭いスペースでも小回りが利くので私でもラクラク作業ができます」と幸恵さん

晩夏を迎えた栃木県矢板市の小森さんのボタジェ。
今日は、夏野菜を収穫しての収穫祭パーティーです。
たくさんの実りを与えてくれた畑にお礼肥えをし、秋から冬ヘ向けての準備も始まりました。

小森寿久さんが「ヤイタリア野菜=矢板市で作るイタリア野菜」と名付けたイタリア野菜が育つ小森邸のポタジェ。そろそろ、トマトやズッキーニ、フローレンスフェンネルなどの夏野菜も終わりの季節。今日は収穫した夏野菜でガーデンパーティーを開くため、幸恵さんが料理の腕を振るいます。
収穫を終えた畑では、秋野菜の準備。土壌改良のための燻炭と、近くの乗馬クラブの馬ふんをまき、ホンダのガスパワー耕うん機「 ピアンタFV200」で土とよく混ぜ合わせます。
「堆肥などの資材に地元産を使うのは僕のこだわり。住んでいる土地のものを生かし、エコロジカルで持続可能な暮らしをめざしています」と寿久さん。自身が経営している『58ロハスファーム』では無農薬・無化学肥料で野菜を育て、併設のレストラン『58ロハスキッチン』で提供するなど、地産地消を通して地域の活性化にも意欲的に取り組んでいます。
フカフカに耕したポタジェには、大納言やキャベツ、ブロッコリーの苗を植え付け。秋から冬の実りも楽しみです。

  • 庭に5つの区画を作り、それぞれ異なる野菜や花を育てている小森さん宅のポタジェ(協力:トキタ種苗)
    庭に5つの区画を作り、それぞれ異なる野菜や花を育てている小森さん宅のポタジェ(協力:トキタ種苗)

My Garden 2016 秋号 No.80

My Garden
2016 秋号 No.80
写真●牛尾幹太
文●阿部民子
●定価 1200円(税込)
●マルモ出版
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1405
http://www.marumo-p.co.jp/

ガスパワー耕うん機「ピアンタ」FV200