MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 31
ミニ耕うん機「こまめ」で畝間を耕す昭子さん。夫の太郎さん(右)とは、お互いを「太郎ちゃん」「あっこ」と呼び合う仲良し夫婦
ミニ耕うん機「こまめ」で畝間を耕す昭子さん。夫の太郎さん(右)とは、お互いを「太郎ちゃん」「あっこ」と呼び合う仲良し夫婦
千葉県いすみ市 青木昭子さん
1989年ケニア・ナイロビ生まれ。
1歳から千葉県いすみ市で育つ。畑歴10年。千葉果立農業大学校卒。農業生産法人勤務を経て、2014年10月から千葉県山武市の有機農園「サンバファーム」「三つ豆ファーム」「ナナメファーム」で1年間研修。15年1月に結婚。16年1月、いすみ市で農園「タロとあき」をオープン。
エディブルとは"食べられる"という意味。
食卓を彩る野菜や花たちに魅せられて農園を開いた仲良し夫婦を訪ねました。
野菜と花とハーブの畑で

「ペチュニアっていう、よく見かけるこの花も、じつは食べられるんですよ。これはナスタチウム。和名でいうキンレンカも、エディブルフラワーとしてよく使われています。紫色のものが人気なんです」
竹林と雑木林に囲まれた畑を歩きながら、青木昭子さんは、食べられる花=エディブルフラワーを次々と紹介してくれた。手渡されたオレンジ色のナスタチウムの花びらをぱくり。ぴりっと、どこかクレソンを思わせる味がする。
一反(※)半ほどの畑には、トマトやキュウリのような馴染みの野菜に混じって、色とりどりのエディブルフラワーがそこかしこに植わっている。耳慣れない野菜、ハーブなどもいっばい。食感がアスパラに似ているという中国野菜のカイラン、イタリア料理に使われるタルティーボ、食用の一口ひょうたんなどなど。これらの珍しい野菜や花は、主に地元の飲食店や料理教室に納めたり、マルシェなどで販売しているそうだ。
夫の太郎さんが、軽トラックにミニ耕うん機「こまめ」を積んでやって来た。昭子さんは、狭い畝間や空いている畑をあちこち耕うん。竹やぶを開懇して畑にしたこの場所は、耕していると今でも、地下を這っていた太い竹の根の切れ端が出てくることもしばしばだ。その根を手で取り除きながら耕し、その後、アタッチメントの培土器を手早く取り付け、畝を立てた。
「『こまめ』は深く耕せるし、培土器を使えば畝もきれいにできる。ここには枝豆の種をまこうかな」昭子さんは、まっすぐにのびる畝を見て、ほっと息をついた。
※1反=約1,000平方メートル 300坪
※※観賞用のひょうたんは食べられません。

(右)農業機械、肥料設計のことなど、昭子さんが苦手とする部分は「太郎ちゃんがしっかりフォローしてくれます」(左)野菜としては珍しい食用の「一口ひょうたん」。厚めにスライスしてソテーすると美味(※※)
(右)農業機械、肥料設計のことなど、昭子さんが苦手とする部分は「太郎ちゃんがしっかりフォローしてくれます」
(左)野菜としては珍しい食用の「一口ひょうたん」。厚めにスライスしてソテーすると美味(※※)
「こまめ」にアタッチメントの培土器を取り付ければ、形の整ったきれいな畝を作ることができる。
こまめ」にアタッチメントの培土器を取り付ければ、形の整ったきれいな畝を作ることができる。
「畑に花があると作業していても楽しいし、心の癒やしにもなる」と、昭子さん
「畑に花があると作業していても楽しいし、心の癒やしにもなる」と、昭子さん
畑にはペチュニアやナスタチウム(右上)、種から育てた外国品種のイチゴ(右下)も。海外の農家の作る野菜や花、料理などはインスタグラムで情報収集



うかたま

うかたま
2016 Vol. 44
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

こまめ F220