MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
家庭用耕うん機で、野菜づくりが楽しくなる!
Hondaの家庭用耕うん機のなかでも、いちばん小さくて軽い「プチな」の体験中。スロットルレバーを握ると進み、放すと止まる。ガソリン満タンで約1時間連続運転ができる。
Hondaの家庭用耕うん機のなかでも、いちばん小さくて軽い「プチな」の体験中。スロットルレバーを握ると進み、放すと止まる。ガソリン満タンで約1時間連続運転ができる。
家庭野菜を始めてみたいけど、力仕事は苦手で・・・。
そんな方におすすめなのが、家庭用の耕うん機。
手軽においしい野菜をつくりましょう!
小型&軽量の耕うん機で畑をラクラク耕せる

3月4日(金)、埼玉県宮代町の「新しい村」で、Hondaの新型家庭用耕うん機の体験会が開催された。
耕うん機というと、農家さんが使う大型機械をイメージするが、今回お披露目されたのは家庭菜園用の軽量&コンパクトなタイプ。「こまめ」「プチな」「サ・ラ・ダ」の人気シリーズのニューモデルだ。
もっとも小型の「プチな」は、重量わずか18キロ。自身で安心・安全な野菜づくりに挑戦してみたい。でも、体力に自信がなくて……という方にとくにおすすめ。
「女性でも簡単に持ち上がるほどの軽さです。コンパクトなので小回りがききますし、折りたたんで車に載せるのにも便利ですよ」
と話すのは、開発に携わった本田技術研究所のデザイナー・濱二(はまに)美沙子さん。新製品には女性の意見も多く取り入れられている。
実際に使ってみると、シンプルな操作で扱いやすい。スロットルレバーを握ると前進し、放すと止まる。最初は斜めに進んでしまったが、何度か畑を往復すると、すぐにまっすぐ進み、コツがつかめた。ためしに持ち上げてみると、機体はひょいと地面を離れた。

Hondaカラーのパワーレッドがベース。「プチな」は丸みを帯びた親しみやすいデザインに仕上がっている。
Hondaカラーのパワーレッドがベース。「プチな」は丸みを帯びた親しみやすいデザインに仕上がっている。

TURNS [ターンズ]

TURNS [ターンズ]
2016 6月号 Vol.17
文●上浦未来
撮影●濱津和貴
●季刊 定価980円
●株式会社 第一プログレス
〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-6-5
原島本店ビル5・6階
http://www.turns.jp/

プチな