MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 29
春野菜の植え付けをする畑を、家庭用カセットボンベが燃料の耕うん機「サ・ラ・ダ CG」で耕す育美さん
春野菜の植え付けをする畑を、家庭用カセットボンベが燃料の耕うん機「サ・ラ・ダ CG」で耕す育美さん
*ガスボンベはメーカー指定の東邦金属工業(株)製
今回の耕す女子埼玉県久喜市土橋育美(どばしいくみ)さん
1979年、埼玉県飯能市生まれ。畑歴3年。大学卒業後、会社員や派遣社員、アルバイトとして働いた。2013年に埼玉県農業大学校に入学。2014年4月に就農。目下、イヌのクロ(13歳)、ネコのおかず(5カ月)と同居中。
20代半ばで祖父の養子に入り、人生は思わぬ展開に。
農業という未知の世界の住人となり、手をかけ、目をかけ、野菜を育てる耕す女子を訪ねました。
祖父の後を継いで農家に

広々したビニールハウスの中に、冬の優しい陽光が降り注いでいる。ハウスの奥までまっすぐ伸びた何列もの畝(うね)。保温のために被せてある不織布をめくったら、レタスがびっしりと植わっていた。葉が生き生きとしていて、とってもおいしそうだ。
このレタスを栽培しているのは、今年4月で就農丸2年になる土橋育美さんだ。祖父の後を継ぎ、会社勤務から一転、農業大学校で野菜づくりを学び農家になった。今は一人で露地、ハウス合計3.5反の畑で、冬場はレタスやタマネギ、夏はトマトをメインに栽培。大手スーパーに直売コーナーなどに出荷している。
農閑期の冬場は、畑の見回りから一日の仕事が始まるという。自宅周辺に点在する畑に出向き、野菜の様子に目を配りながら畝間(うねま)を歩く。
「野菜って、日々、少しずつ成長している。だから毎日、様子が違うんです。そんなちょっとした変化に気づけた時がうれしい」と、育美さん。目をかけ、手をかければ、「本当によく育ってくれる」と、少し照れたような笑顔で話す。
出荷は、基本的にほぼ毎日。午後一番でスーパーに持っていくために、午前のうちに収穫、袋詰めなどをすませてしまう。出荷から戻るとたいていお昼ご飯は食べずに、そのまま畑仕事に突入するのだとか。
好天が続いて耕うん日和のこの日は、春野菜の植え付け準備のために、自宅近くの畑の一部を耕すことに。ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダ CG」にカセットボンベをカチャリとセットし、エンジンをかけた。
「“サ・ラ・ダ”は軽量だけど安定感があるし、よく耕せる。ガスボンベも簡単にセットできるから、機械が苦手な人も気軽に使えていい」
新米農家とは思えないほど手際のいい仕事ぶりだ。

「サ・ラ・ダCG」は、デフロックレバーを「直進」から「旋回」に切り替えれば、方向転換もスムーズ
サ・ラ・ダCG」は、デフロックレバーを「直進」から「旋回」に切り替えれば、方向転換もスムーズ
※ガスボンベはメーカー指定の東邦金属工業(株)製。
夏場の主力「甘姫」という中玉トマト。一部を家庭菜園用に残しておいたら、もさもさになってしまった。
夏場の主力「甘姫」という中玉トマト。一部を家庭菜園用に残しておいたら、もさもさになってしまった。
夏場の主力「甘姫」という中玉トマト。一部を家庭菜園用に残しておいたら、もさもさになってしまった。



うかたま

うかたま
2016 Vol. 42
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ」FFV300