MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 28
ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」でビーツ畑のうね間を耕す芙美さん。夫・卓也さんと長男・大樹くん。
ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」でビーツ畑のうね間を耕す芙美さん。夫・卓也さんと長男・大樹くん。
今回の耕す女子千葉県佐倉市寺尾芙美さん(てらおふみ)さん
1983年和歌山県和歌山市生まれ。畑歴2年。10代から飲食業界でアルバイトとして働き始め、料理人になる。24歳の時、勤めていた京都の和食中心の居酒屋で夫・卓也さんと出会い、2011年結婚。2014年に千葉県佐倉市で就農。
在来農場HP:http://www.zairaifarm.com
農業と飲食業とを結び、愛しい野菜たちをたくさんの人に届けたい。
昔ながらの野菜を育て、種を採り、命をつなぐ元・料理人の耕す女子を紹介します。
命をつなぎ、育む野菜づくりに

「このケール、生のままで食べてみてください。うちではケールをキャベツのように使っていて、ギョーザに入れたり、せん切りにしてサラダで食べたりしているんですよ」
こう言って寺尾芙美さんはケールにかけていた虫除けネットをめくり、葉っぱをちぎって渡してくれた。うちわのように大きな葉っぱをぱくりとかじってみる。"青汁"のイメージの強いケールだが、苦味はあまり感じない。むしろ甘味があるように思える。
ここは、千葉県佐倉市の郊外にある「在来農場」。2年ほど前、芙美さんと夫の拓也さんが中心となって始めたこの農場では、各地に代々伝わる在来種、固定種(何世代もかけて選抜を繰り返し、固定された性質が受け継がれている品種のこと)(以下、在来種)の野菜を専門に栽培している。
「在来種の野菜は、F1品種(性質の異なる品種を交配してできた1代目<雑種第1代:F1>の品種。一台交配種。優れた性質を受け継ぎ、生育ぞろいがよい。)と違って育つスピードも一つ一つ違うから、規格重視の一般の流通には向かないけれど、とにかくおいしいんです!」
と熱く語る芙美さん。計2町歩(約1万平方メートル、300坪)の畑で、ケールを中心に、年間150種類もの野菜を無農薬・無化学肥料で育て、すべてではないが種採りもしているという。
農業直営の飲食店も経営しており、野菜の多くはその直営店をはじめ、各地の飲食店や総菜店を中心に出荷している。最近、仕事が軌道に乗り始め、農場専任のスタッフ1名とパートさんを雇用した。芙美さんも、平日は2歳の息子・大樹くんを保育園に預け、農作業や発送作業に精を出している。
休日のこの日は天気もよく、大樹くんも連れて畑にやって来た。農業機械が大好きな大樹くんの子守りを卓也さんに任せ、芙美さんは、ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」で、ビーツの畝間(うねま)を耕す。
「『サ・ラ・ダCG』は燃料がカセットガスなので手軽で便利。操作が簡単だから、とくに女性には扱いやすいと思う。家庭菜園を始めたばかりの母にも勧めたい」
時折、大樹くんのほうを振り返りながら、ゆっくりと耕していく。

家庭用カセットガスで動く「サ・ラ・ダCG」。燃料の充填&交換も簡単で手軽だ*ガスボンベはメーカー指定の東邦金属工業(株)製。
家庭用カセットガスで動く「サ・ラ・ダCG」。燃料の充填&交換も簡単で手軽だ
※ガスボンベはメーカー指定の東邦金属工業(株)製。
昨年はアブラムシに悩まされたケール。害虫に負けない、病気が出ない土を目指して土中の菌について勉強中
昨年はアブラムシに悩まされたケール。害虫に負けない、病気が出ない土を目指して土中の菌について勉強中
作業の合間に親子3人で芋掘り。「ほら、おいもさんが出てきたよ〜」と、芙美さん
作業の合間に親子3人で芋掘り。「ほら、おいもさんが出てきたよ〜」と、芙美さん

イスラエル原産のオクラ「スター・オブ・ディビッド」の種採り。栽培した中で、いちばん出来のよいものは収穫せず、種採り用に畑に残しておく
イスラエル原産のオクラ「スター・オブ・ディビッド」の種採り。栽培した中で、いちばん出来のよいものは収穫せず、種採り用に畑に残しておく


うかたま

うかたま
2015 Vol. 41
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ」FFV300