MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
【もっと快適!菜園生活のパートナー】菜園を愛する人の宿敵雑草を退治せよ
今回は、埼玉県寄居町の家庭菜園家の畑にお邪魔した。
秩父銘仙で名をはせたこの地域は、昔から養蚕が盛んだった。
訪問先のお宅でも先代の頃は「お蚕(かいこ)」が中心。
隣家の畑の境界に植えられた桑の木は「畦桑(あぜくわ)と呼ばれ往時の名残である。
現在ご夫妻で種類豊富な野菜や果樹を丹精込めて育てる。
不得意分野は助け合いながら、今年14回目の夏を迎えた。
二人三脚の野菜づくり

ご主人の鈴木茂さんは会社の定年が転機となり、家庭菜園を始めた。
「私は土の管理や果樹の手入れ、耕うんや除草など、もっぱら土木の仕事でして(笑)。タネを蒔いたり、苗を育てたり、植え付けなど、野菜の細かな面倒は家内担当。いいコンビなんでしょうね」と快活なご主人。
畑で育てている作物の説明をしてくれる奥様の美知江さんは、朗らかさを絵に描いたような人柄。
「これ、わかる?葉っぱで隠れているけど、ほら、カリフラワー。太陽が当たると実の部分が黒くなってしまうの。こうやってかぶせてしまえば白のまま安泰よ」とにっこり。
柿や桑の若い葉は、天ぷらにしてもうまいし、梅やスモモは漬けても果実酒にもうってつけ。果樹の葉が緑蔭をつくり、風が吹き抜けていく。
「家から離れた畑には水がない。裏の畑なら井戸水を引いているので、日照りでも困らないし、機械や燃料を持ち運ぶ必要もなし。歳をとったら、一か所集中がいいね」とご主人。

除草中、草の絡みつきを防ぎます。
除草中、草の絡みつきを防ぎます。
ピン一本でラクに交換できます。
ピン一本でラクに交換できます。

やさい畑

やさい畑
2015年 夏号
文●鑓田浩章
写真●津田雅人
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価905円
●(社)家の光協会
〒162-8448
東京都新宿区市谷船河原町11
http://www.ienohikari.net/

耕うん機 パンチ・エックス F502

刈払機 UMK425H