MENU

HONDA

検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 24
冬春の葉物野菜を育てる畑をガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダ CG」で耕す友紀さん。3カ月先輩の研修生・羽塚冬馬さんはミニ耕うん機「ピアンタ」でネギのうね間を除草中。
冬春の葉物野菜を育てる畑をガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダ CG」で耕す友紀さん。3カ月先輩の研修生・羽塚冬馬さんはミニ耕うん機「ピアンタ」でネギのうね間を除草中。
今回の耕す女子 茨城県石岡市 河村友紀(かわむらゆき)さん
1982年京都生まれ。畑歴3カ月。近畿大学農学部卒。在学中、国際協力NGOでインターンシップ*を経験。卒業後、OL生活を8年、その後、京都市の行政職を経て2014年7月より「ORGANIC FARM 暮らしの実験室」で運営する「やさと農場」で研修中。
やさと農場HP http://www.kurashilabo.net/
*学生が在学中に自らの学習や将来の進路などに関連した就業体験を企業等において一定期間行うこと。
自給自足的な農ある暮らしを夢見てOL生活から一転、有機農場の研修生になった。
豊かな自然と田んぼや畑、たくさんの生き物に囲まれて、ただ今、暮らしの実験中。
有機農場の研修生として

「ORGANIC FARM 暮らしの実験室」と描かれた黄色い看板を目印に、ゆるやかな坂道を上っていくと、作業着姿の河村友紀さんが笑顔で出迎えてくれた。尻尾をフリながら駆け寄ってくるイヌと人懐っこいネコ。母屋の脇にいるヤギも興味深そうにこちらを見つめている。
ここは茨城県石岡市八郷(やさと)地区の山里にある「やさと農場」。ブタやニワトリを飼い、その糞を堆肥にして畑に還し、野菜や米を栽培する有機農業を営みながら循環型の暮らしを提案・実践。友紀さんは今、この農場で研修生として生活している。
秋も深まってきたこの季節、朝の作業はブタの世話から始めるという。午前8時から豚舎の清掃や餌やりを1時間ほどかけて行い、その後は畑仕事。農場から車で5分ほど離れた畑を訪ねると、農場のスタッフや他の研修生らが、せっせと種まきにいそしんでいた。耕す人、土に溝をつける人、種をまく人と役割を分担し、カラシ菜やカブなどの種を丁寧にまいている。
種まきが一段落した友紀さんは、ネギやサツマイモが植わった畑の一角をガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダ CG」を使って耕した。
「私にとって、耕うん機はターンする時が重くて恐怖なんです。でも『サ・ラ・ダ CG』は、レバーを直線から旋回に入れ替えるだけでスムーズにターンできる。これってポイント高い」
さわやかな秋風を受けながら、軽やかに畑を耕していく。

自走式&径の大きなタイヤの採用で、移動も作業もラクラク
自走式&径の大きなタイヤの採用で、移動も作業もラクラク
本体にシールを貼ってカスタマイズ。自分流の一台になり、楽しみも広がる
本体にシールを貼ってカスタマイズ。自分流の一台になり、楽しみも広がる
養鶏担当・茨木泰貴さんに世話の仕方を教わる。鶏は約400羽。11月に入れる新たなヒナ100羽ほどの世話は、研修生の役目
養鶏担当・茨木泰貴さんに世話の仕方を教わる。鶏は約400羽。11月に入れる新たなヒナ100羽ほどの世話は、研修生の役目


うかたま

うかたま
2014 Vol. 37
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダCG」FFV300

ピアンタ