MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 23
麦を刈ったあとを、秋野菜の作付け準備のためガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕す恵さん。野菜づくりはまだ初心者の千々輪さんが、たまに手伝いに来てくれる
麦を刈ったあとを、秋野菜の作付け準備のためガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕す恵さん。野菜づくりはまだ初心者の千々輪さんが、たまに手伝いに来てくれる
今回の耕す女子 山梨県道志村 香西 恵(こうざいけい)さん
1990年東京生まれ。神奈川県川崎市育ち。都留文科大学卒。2013年4月、地域おこし血協力隊として山梨県道志村で暮らし始める。道志村を紹介する「道志手帖」(略称:ドウシ・テ)の編集責任者。
道志村地域おこし協力隊HP http://www.doshi-okoshi.com/
森に関わる仕事がしたい。
その土地の自然や文化を知り、多くの人に伝えたい。
畑で野菜を育て山で木を切り、狩りもする耕す女子を紹介します。
"地域おこし協力隊"で村へ

「今回の"耕す女子"は、林業に携わり、なおかつ猟師たちと一緒に山に入って狩りもする」と聞き、たくましい体つきの女性を勝手に想像していた。しかし会ってみると、色白でとてもスレンダーな女の子。
「山仕事で少しは肉がついてきたと思っているんですが・・・・・・」。照れ笑いを浮かべてこう話すのは、香西恵さん、23歳。昨年の春、大学卒業と同時に地域おこし協力隊*(以下、協力隊)として、ここ、山梨・道志村にやって来た。現在は、他の男性隊員とともに、村営の温泉施設で燃料にする間伐材を山から搬出したり、村の自然や文化を紹介する冊子「道志手帖」を作成したりと、道志村の力となるべく、日々、試行錯誤しながら活動している。
そのかたわら自給用の野菜を育てるなど、田舎ならではの暮らしを楽しんでいる恵さん。住まいのすぐ目の前に140uほどの畑を借り、日の長い季節は、仕事から戻った後に畑仕事をするのが常だとか。
「畑のこの辺りは、ちょうど麦を刈ったところです。よく実っていたのにスズメに食べられて収穫はごくわずか。でも酒まんじゅうとか、うどんとかつくってみたいです。あと、麦わら蛍かごをつくりたい」
と、嬉しそうに話す。
この日は、協力隊員の一人、千々輪岳史(ちぢわたけし)さんが恵さんの畑に手伝いに来てくれた。秋野菜の栽培に向け、ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で畑を一気に耕していく。
「ピアンタは、小さくて軽いのにしっかり耕せる。アタッチメントの培土器を付ければ畝が簡単にできて、本当に便利です」と、恵さん。「あそこにインゲンマメを、こっちにはアズキをまいて・・・」と、千々輪さんと楽しそうに計画を練っている。


*地域おこし協力隊=2009年に総務省が始めた取り組み。地方自治体が都市から人を受け入れて農林漁業などの支援の委嘱。隊員の任期は1〜3年。

アタッチメントのグリーン培土器(尾輪付き)で、きれいな畝(うね)が簡単にできる
アタッチメントのグリーン培土器(尾輪付き)で、きれいな畝(うね)が簡単にできる
ジャガイモを収穫。期待していたほど育ちがよくなく、「う〜ん。芽かきができなかったせいかな?」
ジャガイモを収穫。期待していたほど育ちがよくなく、「う〜ん。芽かきができなかったせいかな?」
猟の師匠・山口清太郎さんの畑で。「野菜、とっていきな〜」と、奥さんのはる子さんに声をかけてもらい、インゲンマメを収穫
猟の師匠・山口清太郎さんの畑で。「野菜、とっていきな〜」と、奥さんのはる子さんに声をかけてもらい、インゲンマメを収穫
メロン苗を植える。「作物が成長していく様子を見るのが好き」と、恵さん。
メロン苗を植える。「作物が成長していく様子を見るのが好き」と、恵さん。


うかたま

うかたま
2014 Vol. 36
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ピアンタ